このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000242423
提供館
(Library)
神奈川県立川崎図書館 (2120004)管理番号
(Control number)
川図18-2
事例作成日
(Creation date)
2018年05月18日登録日時
(Registration date)
2018年09月12日 17時36分更新日時
(Last update)
2018年09月19日 16時56分
質問
(Question)
JIS B 1168に規定されているアイボルトについて。
JISには垂直吊り、45°吊りの規定があるが、4点吊の場合の使用荷重の計算方法が知りたい。
回答
(Answer)
4点吊の計算方法について記述がある所蔵資料は確認できなかった。
参考として①の資料と②のウェブサイトを紹介した。

①『ねじの常識 改訂第6版』(イワタボルト、2014)
→p.40 JIS B 1168:1994のアイボルトについて、「呼び径、長さにより、アイボルト1個による垂直づりと2個による45度づりがあり、M8で0.785kN、M100で196kNといった様に、呼び径に応じて使用荷重が規定されています。」とある。

②静香産業株式会社( http://www.shizuka-eyebolt.co.jp/eyebolt-precautions.html )(最終閲覧日:2018年9月12日)
→「2個使用、4個使用だからといって、使用荷重が2倍、4倍になるわけではありません。吊り上げ又は移動時の製品の傾きや揺れによっては、すべてのボルトに均等の荷重がかかるとは限らないからです。同時に使う個数にかかわらず、そのボルトのサイズの使用荷重が適用されます。」との記述あり。
回答プロセス
(Answering process)
JIS B 1168:1994(現行)を確認するが、解説も含め4点吊についての記述は確認できなかった。
ねじ・ボルト関連資料の書架(531.44)をブラウジングし、関連資料を確認した。
インターネットを「アイボルト 4点吊」で検索した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
機械力学.材料.設計  (531)
参考資料
(Reference materials)
①ねじの常識 改訂第6版. イワタボルト, 2014.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I026965261-00
キーワード
(Keywords)
アイボルト
4点吊
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査 事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人 社会人
登録番号
(Registration number)
1000242423解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!