このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000231631
提供館
(Library)
横浜市中央図書館 (2210008)管理番号
(Control number)
横浜市中央2516
事例作成日
(Creation date)
2016年07月05日登録日時
(Registration date)
2018年03月01日 17時52分更新日時
(Last update)
2018年03月01日 17時59分
質問
(Question)
戦後、横浜にあったフライヤージムについて書かれている資料を探しています。
回答
(Answer)
 フライヤージムは、伊勢佐木町(いせざきちょう)にあり、後に横浜公園内に移転した米軍の体育館で、
昭和33(1958)年7月に接収が解除されました。その後、昭和33(1958)年12月に改修されて横浜公園
体育館となりました(昭和47(1972)年3月閉鎖)。

1 フライヤージムについて書かれている資料には次のものがあります。
(1)『横浜・中区史 人びとが語る激動の歴史』 中区制50周年記念事業実行委員会/編著 
中区制50周年記念事業実行委員会 1985年   
  p.261 昭和28(1953)年12月に米軍のスポーツ施設として横浜公園内に作られたこと、それ以前は
   伊勢佐木町二丁目にあったが、土地所有者の立退き要求で移転したことが書かれています。
  p.263 昭和33(1958)年12月にフライヤージムの大改修により、横浜公園体育館が落成したことが
   書かれています。
  p.433 昭和27年(1952)年11月に、伊勢佐木町にあったフライヤージム用地について土地所有者らが
   市長に返還を要求したこと、この頃には米軍はほとんど使わず、一部市民にも開放されていたことが
   書かれています。
  p.441 昭和28(1953)年11月12日に伊勢佐木町のフライヤージムが接収解除となり、横浜公園に
   移転となるまで一時的に市民に解放されたことが書かれています。

(2)『横浜スポーツ百年の歩み』 横浜市体育史企画刊行委員会/企画・編集 
  横浜市体育史編集会議/企画・編集 横浜市教育委員会事務局体育課 1989年 
  p.234 「日米を中心としたスポーツ交流」として、バスケットボール、ボクシング、バレーボール、
   テニス、子供相撲、子供柔道などが行われていたことが書かれています。
  p.374 年表「横浜市におけるスポーツの国際交流史(戦後)」
   フライヤージムが会場となったスポーツ大会の日付がわかります。
  p.427~431 年表「横浜スポーツ史」にもフライヤージム関連の記載があります。それによると、
   昭和28(1953)年5月26日 条件つきでフライヤージムの公園内移転決まる。
   昭和28(1953)年12月20日 フライヤージム落成式挙行。
   昭和33(1958)年12月23日 横浜公園体育館(旧フライヤージム)完成。
  とあります。

(3)『横浜市史 Ⅱ 資料編 1 連合軍の横浜占領』 横浜市総務局市史編集室/編 横浜市 1989年
  この資料には「終戦連絡横浜事務局 連絡調整横浜事務局『執務報告書』」が収録されていますが、
  次のページに「進駐軍用体操場(フライヤージム)」の記録があります。 
   p.387 p.586 p.625 p.632 p.676 p.748

(4)『報告書 占領軍のいた街 戦後横浜の出発』 
  横浜市ふるさと歴史財団近現代歴史資料課市史資料室担当/編 横浜市史資料室 2014年
  p.91 横浜市内の米軍施設(占領期)の一覧に、フライヤージムが記載されています。それによると、
   フライヤージム(伊勢佐木町・長者町)は、
    接収年月日が1945年12月15日、接収解除年月日が1953年11月12日
   フライヤージム(横浜公園)は、
    接収年月日が1945年9月25日、接収解除年月日が1958年7月8日
   となっています。

(5)「横浜スポーツ情報サイト ハマスポ」内記事
    https://www.hamaspo.com/
  「あんどうたかおのバスケにどっぷり Vol.4 フライヤージム」
    https://www.hamaspo.com/ando/bmid_2007101817373900001  (最終確認日2018年2月21日)
  
2 写真・映像が掲載されている資料には、次のものがあります。
(1)『市民グラフヨコハマ No.51-60(保存版⑥)』横浜市市民局市民情報室広報センター/編 
横浜市市民局市民情報室広報センター 1985.1-1987.6
    No.57 p.50に国際親善ハンドボール大会の写真が掲載されています。

(2)『昭和の横浜 写真集』 横浜市史資料室/編 横浜市史資料室 2009年
  p.223 伊勢佐木町にあったフライヤージム、フライヤージムで行われたバスケットボールの試合の
   2枚が掲載されています。
  p.255 接収解除された横浜公園周辺の写真にフライヤージムが写っています。    

(3)『横浜開港百年祭記念写真集』 横浜開港百年祭実行委員会/編・刊 横浜開港百年祭実行委員会
   1958年
  1958年5月3日に開催された市民総合体育大会の写真が載っていますが、キャプションが「フライヤー
  ジムその他市内各競技場にて」となっており、確実にフライヤージムと言える写真はありません。
  また、5月12日にフライヤージムで開催されたアメリカ陸軍バンドの記念演奏の写真も載っています。

(4) 『横浜・中区史 人びとが語る激動の歴史』中区制50周年記念事業実行委員会/編著 
中区制50周年記念事業実行委員会 1985年 p.255

(5)「横浜市政策局基地対策課ホームページ」
    http://www.city.yokohama.lg.jp/seisaku/kichitaisaku/  
  「接収の歴史」→「映像で見る横浜の接収と復興」のページに「開国百年祭盛大に幕あけ」という映像が
  あります。この映像にフライヤージムの内部が出て来ます。
    http://www.city.yokohama.lg.jp/seisaku/kichitaisaku/rekishi/eizo-rekishi.html#mov09
   (最終確認日2018年2月21日)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
各種の建築  (526 8版)
スポーツ.体育  (780 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000231631解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!