このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000139979
提供館
(Library)
近畿大学中央図書館 (3310037)管理番号
(Control number)
20131103-2
事例作成日
(Creation date)
2013年11月03日登録日時
(Registration date)
2013年11月03日 18時13分更新日時
(Last update)
2013年12月06日 22時02分
質問
(Question)
ミニ新幹線について知りたい。
回答
(Answer)
ミニ新幹線 [日本大百科全書(小学館)]
在来線の軌間を新幹線と同じ1435ミリメートルに拡大し、特別に設計された車両を用いて高速化し、新幹線と直通運転できるようにした区間の通称。新幹線鉄道の建設促進は日本各地で望まれているが、その建設には巨額の費用が必要であり、早期の実現は困難である。より少ない費用で時間と距離の短縮効果を期待して、ミニ新幹線が導入された。1992年(平成4)7月に開通した山形新幹線(福島―山形間)が最初のミニ新幹線であり、1997年3月に開通した秋田新幹線(盛岡―秋田間)がこれに続き、さらに山形新幹線の新庄(しんじょう)への延長工事が進められ、1999年12月に開通した。山形新幹線では特急「つばさ」が、秋田新幹線では特急「こまち」が運転され、「つばさ」は東北新幹線の特急「やまびこ」に、「こまち」は特急「はやて」に併結されて東京と直通運転される(「つばさ」には東北新幹線の区間を単独運転するものもある)。・・・
ミニ新幹線はあくまで通称であって、全国新幹線鉄道整備法などに定める新幹線(整備新幹線)ではなく、法的には在来線の一部とみなされる。

ミニ新幹線 コトバンク
http://kotobank.jp/word/%E3%83%9F%E3%83%8B%E6%96%B0%E5%B9%B9%E7%B7%9A (2013/11/03確認)
世界大百科事典 第2版
ミニしんかんせん【ミニ新幹線】
高速鉄道網の整備を促進するため,暫定的に従来の狭軌線を標準軌に改めて新幹線鉄道直通線とし,フル規格の新幹線車両よりやや小型の直通用車両を原則として時速130km以上で運行する方式。1990年から整備新幹線の建設方式の一つとして制度化されたが,新幹線の計画区間以外でも92年7月福島~山形間(山形新幹線),97年3月盛岡~秋田間(秋田新幹線)が東北新幹線への直通線として同様の方式で開業し,これらは新幹線と在来線の直通という意味で新在直通運転とも呼ばれる。

デジタル大辞泉
ミニ‐しんかんせん 【ミニ新幹線】
車体が標準新幹線のものより小さい新幹線。軌道は、在来線の外側にもう1本敷く方式と、完全に新幹線規格に作り直す方式とがある。山形新幹線は後者。

ミニ新幹線誕生物語 : 在来線との直通運転 / ミニ新幹線執筆グループ著 交通研究協会 成山堂書店(発売) , 2003 (交通ブックス ; 113) 4425761219
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
鉄道工学  (516 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
在来線
新幹線
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000139979解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!