このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000220117
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2017-029
事例作成日
(Creation date)
2012年04月20日登録日時
(Registration date)
2017年08月08日 16時02分更新日時
(Last update)
2017年12月12日 16時34分
質問
(Question)
大きな音を聞き続けるなどして難聴になる場合の、危険な音量(何デジベル以上)の目安が書かれている資料を見たい。
回答
(Answer)
関連記述のある以下の資料を紹介した。

『難聴Q&A』(伊藤壽一[ほか]著 ミネルヴァ書房 2005)
 p42 「図2 大きい音は聴覚を障害する」に「デシベルで計る騒音の近似値」として、65(または70)デシベルに線が引かれ、「これより小さい音はあまり障害をおこしません。」という記載あり。

『耳トレ! こちら難聴・耳鳴り外来です。』(川雅文著 エクスナレッジ 2011)
 p69 「音圧レベルごとの1日あたりの騒音暴露の許容限界と難聴への道」があり、「騒音性難聴は、1日の許容限界×5年で始まる!!」として図表の掲載あり。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
眼科学.耳鼻咽喉科学  (496 9版)
参考資料
(Reference materials)
『難聴Q&A』(伊藤壽一[ほか]著 ミネルヴァ書房 2005), ISBN 4-623-04318-5
『耳トレ! こちら難聴・耳鳴り外来です。』(川雅文著 エクスナレッジ 2011), ISBN 978-4-7678-1202-1
キーワード
(Keywords)
聴覚障害
難聴
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
クイックレファレンス
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
健康・医療
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000220117解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!