このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000259869
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
6001038715
事例作成日
(Creation date)
2019/05/23登録日時
(Registration date)
2019年08月07日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年08月09日 00時30分
質問
(Question)
ライチョウの絶滅や保護に関する資料を知りたい。
回答
(Answer)
・『ライチョウ:生活と飼育への挑戦』(大町山岳博物館/編 信濃毎日新聞社 1992.2)
 明治時代の西欧思想と排仏思想の普及によって始まったライチョウの狩猟と絶滅への流れについて、法律や学者の意見を交えながら具体的に解説されています。日本での保全活動の例として大町山岳博物館での飼育について書かれています。また、西洋諸国でのライチョウの減少と保全活動について紹介されています。
 
・『雷鳥が語りかけるもの』(中村浩志/著 山と渓谷社 2006.9)
 明治時代に行われたライチョウの乱獲から保護されるようになるまでの経緯について書かれています。また、近年でのライチョウが絶滅した例として中央アルプスへの人間の入山について書かれています。ライチョウの保護に関わる課題として、集団が孤立していることや遺伝的多様度が低いこと、地球温暖化で高山帯の面積が狭まること、野生動物の高山帯への進出などが挙げられています。ライチョウの保全活動としては、大町山岳博物館での飼育について書かれています。

・『ライチョウを絶滅から守る!』(中村浩志・小林篤/著 しなのき書房 2018.9)
 明治時代に行われた神仏分離政策によって修験道が廃止され、人々が高山に立ち入るようになったことでライチョウの乱獲が始まったと書かれています。また、2012年に制定されたライチョウ保護増殖事業計画について説明されています。保全活動の例としてケージを使った保護やイネ科の植物除去,動物園での飼育などの取組みが挙げられています。
 
[事例作成日:2019年5月23日]
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
鳥類  (488 10版)
参考資料
(Reference materials)
ライチョウ 大町山岳博物館∥編 信濃毎日新聞社 1992.2 (6-8,57-156,162-168)
雷鳥が語りかけるもの 中村/浩志∥著 山と溪谷社 2006.9 (43,115-121,144-163)
ライチョウを絶滅から守る! 中村/浩志‖著 しなのき書房 2018.9 (70-79,102-122,162-245)
キーワード
(Keywords)
ライチョウ(ライチョウ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌事項調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000259869解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!