このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000250305
提供館
(Library)
仙台市民図書館 (2210011)管理番号
(Control number)
広2017-事例01
事例作成日
(Creation date)
2017年00月00日登録日時
(Registration date)
2019年01月18日 15時29分更新日時
(Last update)
2019年04月23日 19時21分
質問
(Question)
ソメイヨシノ(桜)が立春からの気温を足していくと540度で開花するという話を何かで読んだ。それが載っている資料を探している。
回答
(Answer)
『こんなに役立つ数学入門』p130に、「ソメイヨシノの場合、立春からの最高気温の積算が540度くらいになると開花することが知られているので、
これにもとづいて桜の開花予測を行っているのです」という記載があった。
また、兵庫県立人と自然の博物館のホームページで公開されている『ひとはくフィールドワーク入門』に掲載されている「都市環境とサクラ」の中にも
同様の記述が見られた。
回答プロセス
(Answering process)
レファレンス協同データベースで「桜 開花」で検索すると、類似の質問が出てくるので、そこに記載されている参考文献を中心に確認したところ、様々な開花予測の方法が載っているものの、立春からの気温を足していくと540度で開花するという記述は見つけられなかった。そこで、インターネットで「桜 540度」で検索したところ、兵庫県立人と自然の博物館のホームページで公開されている「都市環境とサクラ」が見つかり、内容を確認すると同様の記述が確認できた。しかし、資料は見つけられなかったため、検索ワードを「立春 積算 540度」に変更してみると、国際基督教大学教養学部鈴木寛教授のホームページの「2015年読書記録」の中で、『こんなに役立つ数学入門―高校数学で解く社会問題』の内容が紹介されており、同様の記述があることがわかった。現物を確認し、利用者に提供した。
また、ソメイヨシノ(桜)の開花の仕組みそのものに関しては、『どうしてわかるの?
サクラが咲く日』や『微分・積分を楽しむ本』等にも詳しい記載があった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
被子植物  (479 9版)
数学  (410 9版)
参考資料
(Reference materials)
『こんなに役立つ数学入門』 広田照幸/川西琢也/編 筑摩書房 2007年
■兵庫県立人と自然の博物館 ホームページ(2018年1月11日アクセス)
http://www.hitohaku.jp/publication/book/fieldwork.html
鈴木寛国際基督教大学教養学部教授 ホームページ(2018年1月11日アクセス)
https://icu-hsuzuki.github.io/science/books/books2015.html
キーワード
(Keywords)
ソメイヨシノ
開花日
立春
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査 所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000250305解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!