このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000246266
提供館
(Library)
所沢市立所沢図書館 (2310110)管理番号
(Control number)
所沢本-2018-022
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2018年11月23日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年02月20日 16時55分
質問
(Question)
所沢市の屋敷林について知りたい。
回答
(Answer)
 以下の資料に記載があります。
  所沢市の屋敷林は、冬の強い季節風を防ぐ防風林としての役割が大きい。
  一般的に家の西から北にかけて、カシ・ケヤキを主体とした高樹木が植えられ、その間をスギ・クヌギ・竹があり、南側には台風などの南からの強風を避けるため、低樹木や春から秋に葉を繁らせる柿などが植えられている。
 〇『所沢市 民俗』所沢市史編さん委員会/編 所沢市 1989年
 〇『所沢の自然』所沢市 所沢市 1991年
 〇『所沢市史研究 第11号』所沢市史編集委員/編 所沢 所沢市史編さん室 1987年
 〇『武蔵野の落ち葉は生きている』いるま野農業協同組合/編 家の光協会 2002年
回答プロセス
(Answering process)
1.所蔵資料の内容確認
 〇『所沢市史 民俗』所沢市史編さん委員会/編 所沢市 1989年
   P487「屋敷林」に記載あり。
 〇『所沢の自然』所沢市 所沢市 1997年
   P26「屋敷林」に写真と記載あり。
 〇『所沢市史研究 第11号』所沢市史編集委員/編 所沢 所沢市史編さん室 1987年
  口絵「屋敷林」写真と少しの説明あり。
 〇『武蔵野の落ち葉は生きている』いるま野農業協同組合/編 家の光協会 2002年
   P76~77「屋敷林」記載あり。
2.該当記事の記載がなかった資料
 △『関東地方の屋敷林』不破正仁/著 中央公論美術出版 2016年
  所沢市の屋敷林については記載がないが、関東地方の屋敷林について北部・中部・南部と記載されている。
 △『日本の屋敷林文化』石村眞一/著 山と渓谷社 2017年
  所沢市の屋敷林については記載がないが、47都道府県別の調査として「埼玉県の屋敷林」の項がある。
 △『関東地方の民家』山本勝巳・川島宙次・小林昌人/著 明玄書房 1971年
  所沢市の屋敷林については記載がないが、「屋敷林」の項あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
関東地方  (213 9版)
生物地理.生物誌  (462 9版)
農業史.事情  (612 9版)
参考資料
(Reference materials)
所沢市 , 所沢市史編さん委員会 編. 所沢市史 民俗. 所沢市, 1989.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000039-I002652861-00
所沢市/編 , 所沢市. 所沢の自然 : こんなところにこんな生きもの. 所沢市, 1991.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I005041158-00
所沢市史編集委員/編 , 所沢市史編集委員. 所沢市史研究 第11号. 所沢市史編さん室, 1987.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I005044469-00
いるま野農業協同組合編 , いるま野農業協同組合. 武蔵野の落ち葉は生きている. 家の光協会, 2002-04.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000074-I000367734-00 , ISBN 425954621X
キーワード
(Keywords)
屋敷林
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000246266解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!