このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000189738
提供館
(Library)
仙台市民図書館 (2210011)管理番号
(Control number)
市民2015-事4
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2016年03月23日 17時41分更新日時
(Last update)
2016年11月11日 19時40分
質問
(Question)
将来、古生物学者になりたい。参考になる本を探している。
回答
(Answer)
古生物学を勉強するための基本的な資料と、職業(仕事)として学者になるために参考
になりそうな以下の資料を、一般書と児童書を取り混ぜて紹介した。

○古生物学を知るための本
『古生物学入門』 間嶋 隆一/著 朝倉書店 1996年
『地球生物学 地球と生命の進化』 池谷仙之/著 東京大学出版会 2004年
『フィールド古生物学』 大路樹生/著 東京大学出版会 2009年
『古生物学事典』 日本古生物学会/編 朝倉書店 2010年
○職業的な視点で書かれた本
『学術研究者になるには 人文・社会学系』 小川秀樹/編著 ぺりかん社 2010年
『ヤングアダルトの本 職業・仕事への理解を深める4000冊』日外アソシエーツ 2011年
○実際に学者になった人々の本
『カンブリア紀の怪物たち』 サイモン・コンウェイ・モリス/著 講談社 1997年
『科学者になる方法』 東京書籍 2005年
『5教科が仕事につながる理科の時間』 松井大助/著 ぺりかん社 2007年
○受験案内書
『大学受験案内 2015年度用』 晶文社学校案内編集部/編 晶文社 2014年
『新大学受験案内 2016年版』 東進ハイスクール/編 ナガセ 2015年
〇参考になるホームページ
「化石友の会」(日本古生物学会が運営)サイト内の「化石の勉強をするには」のコーナーに、古生物について勉強する方法や、古生物学を学べる国内の大学・大学院の都道府県別一覧などが記載されている。 (2015年11月アクセス)
http://www.palaeo-soc-japan.jp/friends/index.html  
「日本古生物学会」ホームページ (2015年11月アクセス)
http://www.palaeo-soc-japan.jp/index.html
回答プロセス
(Answering process)
専門的な分野ではあるが、できるだけ10代でも理解しやすい資料を探した。
探す際、古生物学の事・辞典、古生物学を学ぶための大学選びの資料、参考になりそうな読み物系の本などに分けて検索した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
古生物学.化石  (457 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
古生物
学者
研究者
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
小中学生
登録番号
(Registration number)
1000189738解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!