このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000115704
提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
B121116171357
事例作成日
(Creation date)
2012/11/30登録日時
(Registration date)
2012年12月13日 02時01分更新日時
(Last update)
2013年01月21日 16時05分
質問
(Question)
H2O2(過酸化水素)の波長222nm(ナノメートル)における量子収率を教えてください。
回答
(Answer)
ご照会の事項について回答します(【  】内は当館請求記号です)。
過酸化水素の波長222nmにおける量子収率について調査したところ、EBSCOhost [当館契約データベース]で資料(1)が見つかりました。

(1) Vaghjiani, Ghanshyam L. Turnipseed, Andrew A. Warren, Rachel F. Ravishankara, A. R.
「Photodissociation of H2O2 at 193 and 222 nm: Products and quantum yields. 」
『Journal of Chemical Physics』(4/15/1992, Vol. 96 Issue 8, p5878-5886【Z53-B75】)
Abstractに「At 222 nm, the OH yield was Φ(OH) = 2.02 ± 0.35, the H atom yield was Φ(H) = 0.024 ± 0.012, and Φ(O) was < 0.002. 」とあり、生成物(OH、H、O)ごとの量子収率(Φ)の値が掲載されているようです。

[その他の調査済み資料・データベース]
・Nakayama Tomoki, Takahashi Kenshi, Matsumi Yutaka 「Quantum yield for hydrogen atom formation from H2O2 photolysis in the range 193-240 nm.」
・『International Journal of Chemical Kinetics』(Dec2005, Vol. 37 Issue 12, p751-754【Z53-R283】)
p.753 「TABLEⅠ.Quantum Yield for H-Atom Formation from H2O2 Photolysis in the Range 193.3-248 nm」に、「photolysis wavelength 222 nm」における「Quantum yield for hydrogen atom formation from H2O2 photolysis」(水素原子生成の量子収率)の値を「0.024 ± 0.012」と掲載していますが、値は資料(1)から引用したものです。
・Goldstein, Sara, Aschengrau, Dorit, Diamant, Yishay, Rabani, Joseph,
「Photolysis of Aqueous H2O2: Quantum Yield and Applications for Polychromatic UV Actinometry in Photoreactors. 」
・『Environmental Science & Technology』(11/1/2007, Vol. 41 Issue 21, p7486-7490【Z53-P447】)
p.7488 「TABLE2.Φ(-OH) as a Function of Excitation Wavelength」に、「222nm」におけるΦ(-OH)(-OHの量子収率)を「0.90±0.12(ferrioxalate)」と掲載していますが、値は次の文献から引用しています。
(引用元文献)G A Loraine, W H Glaze「The Ultraviolet Photolysis of Aqueous Solutions of 1,1,1-Trichloroethane and Hydrogen Peroxide at 222 nm」
『JOURNAL OF ADVANCED OXIDATION TECHNOLOGIES』(4, Part 4 (1999) p424-433)
当館で所蔵がないため、内容は未確認です。CiNii Booksによると横浜国立大学附属図書館で所蔵しているようです。
・『化学大辞典. 9』(化学大辞典編集委員会 編 縮刷版 共立出版 1962.7(第38刷:2003.10) 【PA2-G24】)
・『化学大百科』(Douglas M.Considine, Glenn D. Considine 編 ; 今井淑夫 [ほか]監訳 朝倉書店 1997.10 【PA2-G27】)
・『化学便覧. 基礎編 2』(日本化学会 編 改訂5版 丸善 2004.2 【PA2-H22】)
・『CRC Handbook of Chemistry and Physics』(CRC Press 91 2010/2011 【Z63-C694】)
・JDreamII [当館契約データベース]
・ProQuest Central [当館契約データベース]
・NDL-OPAC ( https://ndlopac.ndl.go.jp/
・リサーチ・ナビ( http://rnavi.ndl.go.jp/rnavi/
・CiNii Articles ( http://ci.nii.ac.jp/
・WorldCat ( http://www.worldcat.org/

インターネット・データベースの最終アクセス日は2012年11月20日です。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
化学書資料館
Landolt Bornstein
SciFinder等
NDC
理論物理学  (421 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
量子
量子収率
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000115704解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!