このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000031808
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼浦-2006-122
事例作成日
(Creation date)
2005/11/01登録日時
(Registration date)
2006年12月02日 02時11分更新日時
(Last update)
2008年05月10日 14時46分
質問
(Question)
ループ量子重力理論の数式(方程式)の記載されている文献を見たい。英文でもよい。
回答
(Answer)
「特集 量子重力理論最前線」(『数理科学 2005.4』)に多くの数式(方程式)の記載あり。これを提供する。図書では適当なものが見つからなかった。
回答プロセス
(Answering process)
県立所蔵資料で調査する。
『宇宙は自ら進化した』、「空間の離散的構造は素粒子論の昔からの夢を実現してくれるループ量子重力理論」(『パリティ 19(10)』)

未所蔵資料を取り寄せて調査する。
「図解入門よくわかる最新宇宙論の基本と仕組み」「相対論的宇宙論 新装版」「宇宙「96%の謎」」(いずれも県内公共図蔵)

《MAGAZINEPLUS》より『数理科学 2005.4』に多くの数式あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
情報源:「別冊日経サイエンス 2005.6」p122-132に解説論文があった(「時空の原子を追うループ量子重力理論」L.スモーリン著)。スピンネットワーク(イギリスのロジャー・ペンローズが考案)を使用していると思われる。
また、「ループ量子重力入門」「量子宇宙へ3つの道」はすでに読んだ。
NDC
理論物理学  (421 9版)
参考資料
(Reference materials)
「特集 量子重力理論最前線」(『数理科学 2005.4』)
キーワード
(Keywords)
量子論
数理物理学
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000031808解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!