このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000230020
提供館
(Library)
相模原市立橋本図書館 (2210035)管理番号
(Control number)
相橋-H29-035
事例作成日
(Creation date)
2017年12月07日登録日時
(Registration date)
2018年02月04日 16時42分更新日時
(Last update)
2018年02月04日 16時50分
質問
(Question)
戦時中、船で亡くなった陸軍だった親族の詳細を調べている。
玉津丸に乗っていたと思われるので、その乗船名簿を確かめたい。
厚生労働省に問い合わせたところ、ホームページに出ているとのことだったが、インターネットは利用できず分からないので調べてほしい。
回答
(Answer)
陸軍に関する資料は各都道府県で管轄しているということで、厚生労働省のホームページより、該当の件の担当課の連絡先をお伝えした。
この先のやり取りはご自身でされるとのことで、調査終了となった。
回答プロセス
(Answering process)
インターネットで厚生労働省のホームページを参照した。
厚生労働省( http://www.mhlw.go.jp/ 2017/12/07 最終確認)
サイト内検索でキーワード“玉津丸”で検索したが、情報は見つからなかった。
キーワード“乗船名簿”で次のページがヒットした。
戦没者等救護関係資料の国立公文書館への移管について( http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hokabunya/senbotsusha/shiryou_ikan/ 2017/12/07 最終確認)
《これまでに移管した資料名》の中に「23 陸軍軍属船員カード」の項がある。
問い合わせ先として、厚生労働省社会・援護局援護・業務課援護情報管理室の電話番号が記載されている。




検索エンジンGoogle( http://www.google.co.jp/ 2017/12/07 最終確認)でキーワード“玉津丸 乗船名簿”で検索したところ、次のページがヒットした。
大量戦没者を出した船団‐戦没した船と海員の資料館( http://www.jsu.or.jp/siryo/sunk/tairyou.html 2017/12/07 最終確認)
「ヒ71船団」の中に玉津丸沈没の記載がある。PDFファイルで概要が閲覧できるが、名簿はない。



再度、厚生労働省( http://www.mhlw.go.jp/ 2017/12/07 最終確認)のページでキーワード“戦没者 名簿”でサイト内検索したところ、次のページがヒットした。
海外での戦没者の死亡状況について、帰還した元上官らから聴き取りした資料について( http://www.mhlw.go.jp/bunya/engo/shiryou/ 2017/12/07 最終確認)
旧陸海軍別で死亡地域ごとに、死亡年月日順にPDFファイルになっているが、公表に当たり、個人識別情報
(氏名、生年月日、本籍地など)は見られなくなっている。
問い合わせ先として、厚生労働省社会・援護局業務課調査資料室の電話番号が記載されている。



スタッフが以前閲覧した資料で、参考になりそうなものがあったため、参照した。
『軍歴証明の見方・読み方・とり方』 栗須章充/著 日本法令 2015 (相模大野図書館請求記号:393.25)
「軍歴に関する資料は、陸軍は各都道府県、海軍は厚労省に保存されており、親族であれば請求できる」という旨の記述がある。



検索エンジンGoogle( http://www.google.co.jp/ 2017/12/07 最終確認)でキーワード“厚生労働省 戦没者 問い合わせ”で検索したところ、次のページがヒットした。
旧陸海軍から引き継がれた資料の写し等の請求について( http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000093051.html  2017/12/07 最終確認)
「本人、もしくは遺族であると確認できれば、部隊別の連名簿(「留守名簿」)等の資料の写しを提供する」という旨の記述がある。
また、旧陸軍の軍歴等の身上に関する資料は、終戦(戦没)当時の本籍地の都道府県に問い合わせるとのことで、各都道府県担当課の一覧が掲載されている。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
国防政策.行政.法令  (393)
参考資料
(Reference materials)
『軍歴証明の見方・読み方・とり方』 栗須章充/著 日本法令 2015
キーワード
(Keywords)
玉津丸
乗船名簿
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000230020解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!