このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000227096
提供館
(Library)
横浜市中央図書館 (2210008)管理番号
(Control number)
横浜市中央2505
事例作成日
(Creation date)
2017年10月18日登録日時
(Registration date)
2017年12月21日 17時22分更新日時
(Last update)
2017年12月21日 17時46分
質問
(Question)
戦後の横浜市中区本牧地区における、アメリカ軍による接収について知りたい。
回答
(Answer)
【概要】
 終戦後、横浜市内ではアメリカ軍による接収が行われ、横浜市中区本牧地域の接収地「横浜海浜住宅地区(Yokohama Beach DH-Area)」は、米海軍横須賀基地横浜分遣隊の管理下のもと、横浜市内や横須賀の米軍施設に勤務する軍人・軍属とその家族の居住用にあてられました。住宅のほか、発電所、学校、郵便局、銀行、物品の販売所、娯楽施設等が建設され、日本人の立ち入りは禁止されていました。本牧地域における接収は、約70万平方メートルに及び、1946(昭和21)年から1982(昭和57)年にわたって続きました。
【主な出来事】
1945(昭和20)年5月29日 横浜大空襲。本牧の大部分も大きな被害を受ける。
同年8月15日 終戦
同年8月30日 マッカーサー厚木飛行場到着、横浜へ進駐。
同年9月2日 降伏文書調印、米第8軍が横浜に上陸。
1946(昭和21)年10月1日 米軍家族第一陣が入居。
1982(昭和57)年3月31日 本牧米軍接収地返還の調印式。接収地の住宅や施設の解体工事開始。

記載のある資料は、以下の通りです。

1 地図
(1)『神奈川県史 資料編12 近代・現代(2)』神奈川県企画調査部県史編集室/編 神奈川県 1977年
付録「横浜港隣接地帯接収現況図」(昭和26年8月現在)より、接収地域を確認することができます。

(2)『横浜タイムトリップ・ガイド』横浜タイムトリップ・ガイド制作委員会/編著 講談社 2008年
p.46「横浜はアメリカになった?」
本牧周辺の接収地図が掲載されています。住宅地として接収された地域「シーサイドパーク(SEASIDE PARK)」、「ナスグブビーチ(NASUGBU BEACH)」が確認できます。

2 関連図書
(1)『横浜・中区史 人びとが語る激動の歴史』中区制50周年記念事業実行委員会/編著 中区制50周年記念事業実行委員会 1985年
Ⅱ地区編 第8章「本牧地区」第3節「最大な接収地区」
p.694~ 土地の接収と住民の立ち退きについて記載があります。
p.704~ 接収地区の一号地区(エリア・ワン)と二号地区(エリア・ツウー)に該当する町名の記載があります。
p.714~ 接収解除運動について記載があります。
p.720 接収解除運動が略年表にまとめられています。

(2)『本牧のあゆみ』本牧のあゆみ研究会/編 新本牧地区開発促進協議会事業部 1986年
p.92~94 「20. 接収―本牧のなかのアメリカ」
本牧地区の接収の概要と写真が掲載されています。

(3)『横浜市と米軍基地』横浜市総務局渉外部/編 
横浜市内の米軍施設の沿革、横浜市の米軍施設に関する取組などが紹介された広報印刷物です。現在は横浜市政策局基地対策課が発行しています。横浜市立図書館では1970(昭和45)年以降のものを所蔵しています。
接収施設・区域の現況、接収解除の経過、跡地利用計画などを確認することができます。

(4)『横浜の空襲と戦災 5』横浜市,横浜の空襲を記録する会/編 横浜市 1977年
p.77 接収の状況として、区ごとの接収面積、接収住宅戸数について記載があり、本牧地区で接収を受けた住宅居住者についても記載があります。

(5)『報告書 占領軍のいた街 戦後横浜の出発』
横浜市ふるさと歴史財団近現代歴史資料課市史資料室担当/編 横浜市史資料室 2014年
p.73 進駐・占領関係新聞記事として、1946年8月9日神奈川新聞の記事「本牧の海岸にスマートな米人文化住宅」が引用されています。

(6)『米軍基地と神奈川 有隣新書』栗田尚弥/編著 有隣堂 2011年
p.25~27 根岸・本牧地区の接収について記述があります。

3 写真
(1)『本牧波瀾の100年』横浜市中図書館/編 横浜市中図書館 1998年
p.29 第3章「昭和21年10月1日、米軍家族第一陣入居」に米軍住宅、米軍PX等の写真が掲載されています。

(2)『昭和の横浜 写真集』 横浜市史資料室/編 横浜市史資料室 2009年
p.186~ 接収と家族住宅について、写真が掲載されています。
p.194 「ナスグブ海浜地区のレイノルズ少佐宅」1946(昭和21)年12月9日
p.195 「小港の米軍家族住宅」1950(昭和25)年
p.361 「本牧の米軍住宅」1965(昭和40)年9月13日、1981(昭和56年)10月

(3)『フェンスの中のアメリカ 〈写真集〉本牧米軍ベースキャンプ60’sの記憶 1959-1964』
Daddy’s Press 2014年
本牧米軍ベースキャンプ内での生活の様子をとらえた写真が掲載されています。

(4)『横浜ノスタルジア 昭和30年頃の街角 広瀬始親写真集』 広瀬始親/〔撮影〕 横浜開港資料館/編 河出書房新社 2011年
p.75~84 本牧宮原のPX(駐留軍の購買部)、米軍住宅の写真があります。

(5)『横濱ナイト&デー A Yokohama story night & day.』 町田昌弘/著 日本カメラ社 2009年
p.50~61 「フェンスの向こうはアメリカだった 在りし日の本牧・米軍横浜海浜住宅」
1980年代の写真が掲載されています。

(6)『まかど 新校舎落成・創立五十周年記念誌 1980.5.17』
創立50周年記念誌編集委員会/編 横浜市立間門小学校 1980年
p.70~71 「空から見た本牧」
昭和29年、39年の本牧地区の航空写真が掲載されています。

4 当時の市民による証言
(1)上記2(1)『横浜・中区史 人びとが語る激動の歴史』
Ⅲ市民編 第3章「接収の街で」
p.1011~ 占領下の市民生活について記載があり、本牧地域の住民の証言もあります。

(2)『中区わが街 中区地区沿革外史』“中区わが街”刊行委員会 1986年
p.191~194 本牧地区の接収についての住民の談話が掲載されています。

(3)『パネルディスカッション あの頃の、ヨコハマは… 記録集 横浜市立図書館創立90周年記念』
横浜市中央図書館企画運営課/編 横浜市中央図書館サービス課 横浜市中央図書館企画運営課 2011年
p.38 「進駐軍による接収」に、当時の本牧地区の住民の証言が記載されています。
P.71 資料集「エピソード一覧」に、本牧地区におけるエピソードが集められています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
関東地方  (213 8版)
外交.国際問題  (319 8版)
国防政策.行政.法令  (393 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000227096解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!