このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000063116
提供館
(Library)
山形県立図書館 (2110039)管理番号
(Control number)
山形県-2008-0050
事例作成日
(Creation date)
2010年02月11日登録日時
(Registration date)
2010年02月11日 17時06分更新日時
(Last update)
2010年03月04日 15時41分
質問
(Question)
明治時代に徴兵制度により徴兵する場合、市町村役場は具体的にどのような事務をしたか、わかる資料があるか。(置賜地方を中心に)
回答
(Answer)
お尋ねの件について、県史と置賜管内の市町村史を中心に御紹介します。
1.「米沢市史現代編」P29に『太平洋戦争を戦った人達』の項があり、米沢市の現役兵徴集数が昭和2年から14年まで(表7-1)昭和15年~20年まで(表7-2)表にして記載されています。入隊先、兵種等毎年かなりの人数が軍人として動員されたと思われます。P207からは『徴兵』と『徴用』について記載されています。米沢では徴用は米織業者をはじめ、菓子・米穀・料理店等の中小商工業者が徴用されたとあります。
2.「南陽市史下巻(近代・現代)」P80~『徴兵令』についての記載があります。P207~昭和14年7月の「国民徴用令」により、建築技術者が県内で850人ほど大陸の建築部隊として現地に送られたとの記載があります。
3.「長井市史第3巻(近現代編)」P135~『第三節徴兵令』の項中、P138~143に『徴兵調べ、書上帳』『徴兵連名簿・徴兵人員増減書上帳』として、例示された記載となっています。
4.「川西町史下巻」P412~415『4.徴兵・兵役・動員・召集」の項があり、軍人名簿の作成の記載があります。
5.「山形県史第四巻(近現代編上)」P97~98には明治6年徴兵令施行に基づく山形県の徴兵事務の記載があります。P364~366には明治22年大日本帝国憲法発布により徴兵令が全面改正された時の徴兵事務についての記載があります。P606の表60には明治25年から明治38年までの県内徴兵人員が載っています。
6.「山形県史第5巻(近現代編下)」P412~『第ニ節戦時動員』として、徴兵の項があり赤紙に関する記載箇所があります。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
国防政策.行政.法令  (393 9版)
国防史.事情.軍事史.事情  (392 9版)
参考資料
(Reference materials)
資料①米沢市史現代編/米沢市史編さん委員会編/米沢市/1996(K274.1/ヨネ/5)
資料②南陽市史下巻/南陽市史編さん委員会編/南陽市/1992(K273.2/ナン/3)
資料③長井市史第3巻/長井市史編纂委員会編/長井市/1982(K272.1/ナガ/3)
資料④川西町史下巻/川西町史編さん委員会編/川西町/1983(K272.5/カワ/2)
資料⑤山形県史通史編第4巻/山形県編/1984(K209/ヤマ/4)
資料⑥山形県史通史編第5巻/山形県編/1986(K209/ヤマ/5)
※(  )は自館の請求記号です。
キーワード
(Keywords)
国民徴用令
徴兵令
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000063116解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!