このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000033457
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M06113014556213
事例作成日
(Creation date)
2006/11/12登録日時
(Registration date)
2007年02月21日 02時10分更新日時
(Last update)
2019年03月31日 00時30分
質問
(Question)
戦前の徴兵検査では、甲乙丙と分けられていたが、その基準を知りたい。
回答
(Answer)
現代法制資料編纂会編『戦時・軍事法令集』国書刊行会の解説によると,太平洋戦争期の徴兵は,昭和2(1927)年法律第47号で制定された「兵役法」及び,同年11月30日勅令第330号「兵役法施行令」,陸軍省令第20号「兵役法施行規則」に則り行われていた。徴兵検査のうち体格等位については,「兵役法施行令」第68条第1項・2項・3項に規定されている。「現役に適する者は身長1.55メートル以上にして身体強健なる者とす」とし,之を甲種・乙種に,現役には適さないが国民兵に適する者は「身長1.55メートル以上にして身体乙種に次ぐ者及身長1.50メートル以上、1.55メートル未満の者」で丙種に,兵役に適さない者は身長1.50メートル未満の者及疾病等のある者とし,丁種と規定されている。徴兵制については,加藤陽子著『徴兵制と近代日本 1868-1945』吉川弘文館も参照した。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
国防政策.行政.法令  (393 9版)
参考資料
(Reference materials)
現代法制資料編纂会編『戦時・軍事法令集』国書刊行会,軍事関係法解説,p.14-15. 加藤陽子著『徴兵制と近代日本 1868-1945』吉川弘文館
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2006113014501756213
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000033457解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!