このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000251650
提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
C2019口頭0201
事例作成日
(Creation date)
2019年02月12日登録日時
(Registration date)
2019年02月12日 13時14分更新日時
(Last update)
2019年02月20日 11時45分
質問
(Question)
スポーツ観覧と美術鑑賞、趣味にしている人の数が多いのはどちらですか。
回答
(Answer)
スポーツ観覧と美術鑑賞など、趣味や娯楽の行動者数を掲載している資料として、以下のインターネット情報をご紹介します。
インターネットの最終アクセス日は2019年1月30日です。

インターネット情報
平成28年社会生活基本調査(総務省)
https://www.stat.go.jp/data/shakai/2016/index.html
>平成28年社会生活基本調査の結果>統計表一覧>調査票Aに基づく結果>生活行動に関する結果>趣味・娯楽>全国
https://www.e-stat.go.jp/stat-search/files?page=1&layout=datalist&toukei=00200533&tstat=000001095335&cycle=0&tclass1=000001095377&tclass2=000001095378&tclass3=000001095380&tclass4=000001095383
「社会生活基本調査」は5年ごとに実施され、1日の生活における時間配分と1年間の余暇活動の状況など、国民の暮らしぶりを調査しています。直近の調査は平成28年です。
この調査では趣味・娯楽を「個人の自由時間の中で行うもの」と定義し、34種類に区分しています。
「第28-1表 男女,ふだんの健康状態,頻度,年齢,趣味・娯楽の種類別行動者数(10歳以上)-全国」の表によると、スポーツ観覧は24,405(千人)、美術鑑賞は21,951(千人)となっています。
なお、ここでいう行動者数とは「過去1年間(平成27年10月20日~28年10月19日)に該当する種類の活動を行った人の数」です。

国立国会図書館提供の調べ方案内のページ「リサーチ・ナビ」には、以下のようなコンテンツがあります。
・生活・消費に関する統計( https://rnavi.ndl.go.jp/research_guide/entry/theme-honbun-102150.php
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
生活.消費者問題  (365 10版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
社会生活基本調査
趣味
スポーツ観戦
美術鑑賞
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
経済社会
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000251650解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!