このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000247153
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M18070613190422
事例作成日
(Creation date)
2018/07/06登録日時
(Registration date)
2018年12月05日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年03月31日 00時30分
質問
(Question)
昭和35年から現在までの、全国のマンション着工数がわかる統計がみたい。
回答
(Answer)
①「住まいと暮らしのデータブック2006年版」(p18)に、マンションの供給戸数(竣工ベース)(昭和55年~平成16年)がグラフで掲載されている。「ここでいうマンションとは、中高層(3階建以上)・分譲・共同建て・鉄筋コンクリート、鉄骨鉄筋コンクリートまたは鉄骨造の住宅をいう。」とあり、「新規供給戸数は建築着工統計等を基に推計した。」とある。
②「住宅ビジネス白書2016年版」(p11-16)に、着工新設住宅月別推移の表があり、平成9(1997)年1月から平成28(2016)年12月までの分譲マンション数が掲載されている。資料は住宅統計月報からである。
③総務省統計局のweb統計図書館のFAQに新設マンション着工状況がある。これによると国土交通省が毎月実施している「建築着工統計調査(国土交通省) 」<住宅着工統計>により、新設マンションの着工状況(戸数及び床面積の合計)を調べることができる。また、新設マンションの着工状況の推移(年度・年計別)を都道府県別に調べることができる。
 この調査では、構造が「鉄骨鉄筋コンクリート造・鉄筋コンクリート造・鉄骨造」、建て方が「共同建」、利用関係が「分譲住宅」をマンションとしており、平成9(1997)年以降の年別、年度別、月別の数値がわかる。最近の数値はここで確認できる。

http://www.stat.go.jp/library/faq/faq09/faq09a05.html

上記より古い統計は「建築白書」昭和35年版を確認したが不明。「建設業ハンドブック2017」には資料出所:国土交通省「建築着工統計」として、1997~2016年度の新設住宅着工戸数の推移はあるが、貸家、給与住宅(社宅等)、分譲住宅、持家、の別で掲載がある。うちマンションの数は不明である。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
生活.消費者問題  (365 9版)
参考資料
(Reference materials)
①『住まいの暮らしのデータブック 2006年版』 生活情報センター,2006,318p. 参照はp.18.
②『住宅ビジネス白書 2016年版』 日本ビジネス開発,2017,209p. 参照はp.11-16.
③総務省統計局 web統計図書館より 国土交通省 建築着工統計調査<住宅着工統計>  http://www.stat.go.jp/library/faq/faq09/faq09a05.html
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2018070613190390422
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000247153解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!