このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000189934
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M16012811477397
事例作成日
(Creation date)
2016/01/28登録日時
(Registration date)
2016年03月28日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年03月31日 00時30分
質問
(Question)
国民年金制度が始まってから現在に至るまでの保険料と付加保険料の変遷を知りたい。
回答
(Answer)
『明解年金の知識 2014年度版』p.84によると、昭和36年4月から拠出制年金の保険料徴収が始まり、「国民皆年金」となった。

保険料の変遷は『国民年金ハンドブック 平成26年度版』p.32-33に掲載されている。また、日本年金機構Webサイト「国民年金保険料の変遷」では付加保険料の変遷も併せて記載されている。それによると、付加保険料は1970(昭和45)年10月から1973(昭和48)年12月までは350円/月、1974(昭和49)年1月以降は400円/月である。

なお、保険料額の決め方と計算法、今後の予定額については日本年金機構Webサイト「国民年金保険料の額は、どのようにして決まるのか?」が詳しい。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
社会保障  (364 9版)
参考資料
(Reference materials)
小野隆璽『明解年金の知識 2014年度版』 経済法令研究会,2014,12,187p. 参照はp.84.
『国民年金ハンドブック 平成26年度版』 社会保険研究所,2014,557p. 参照はp.32-33.
『公的年金給付の総解説 2014年』横浜 健康と年金出版社,2014,10,538p. 参照はp.524-525.
キーワード
(Keywords)
国民年金
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2016012811475177397
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000189934解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!