このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000077577
提供館
(Library)
さいたま市立中央図書館 (2210012)管理番号
(Control number)
中央-1-00061
事例作成日
(Creation date)
2009年11月3日登録日時
(Registration date)
2011年02月03日 10時14分更新日時
(Last update)
2019年03月22日 18時58分
質問
(Question)
太平洋戦争の従軍中に傷病した人が、援護法の適用を申請したが、証拠書類が無いため却下された。
このことについて、
(1)却下されたことを訴えた人がいて、最高裁で判決が出たらしい。その内容を知りたい。
(2)病院の管理で診断書などが処分されることについて、それで証拠書類が無くなってしまうことについては
   どんな判例があるか知りたい。
(3)戦後、軍事関係の書類はすべて処分されることになった。それにより証拠書類が無くなったことについては
   どんな判例があるか知りたい。
回答
(Answer)
3つの質問に一致する判例は見つけられず。
参考までに、D1-Low.comで検索した判例と、G-searchで検索した新聞記事、『社会保障・社会福祉判例大系 3』(新版p.417~)を紹介した。
回答プロセス
(Answering process)
紹介した判例は、次のとおり(裁判所名と事件番号のみ表記)。
・神戸地方裁判所/平成10年(ワ)第1336号
・東京地方裁判所/昭和53年(行ウ)第105号
・最高裁判所第二小法廷/昭和58年(オ)第1337号

新聞記事
・「最高裁が民間戦傷者の上告を棄却」1987.6.27、毎日新聞(東京)朝刊、22頁、社会
・「民間戦傷者の慰謝料訴訟 補償は国会裁量/最高裁が上告棄却」1987.6.27、読売新聞(東京)朝刊、22頁

紹介した『社会保障・社会福祉判例大系 3』は、p.401~ 「Ⅷ 戦傷病者戦没者遺族等援護法」で関係する判例が掲載されている。
特に、p.417~「第四節 公務起因性」では公務上の負傷・疾病・死亡によるかどうかにより肯定された事例、否定された事例が掲載されている。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
社会保障  (364 9版)
参考資料
(Reference materials)
『社会保障・社会福祉判例大系 3 公的年金・企業年金・雇用保険 新版』加藤智章/編、旬報社、2009
キーワード
(Keywords)
戦傷病者戦没者遺族等援護法
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000077577解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!