このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000255183
提供館
(Library)
小野市立図書館 (2300029)管理番号
(Control number)
小野31-019
事例作成日
(Creation date)
2019年04月20日登録日時
(Registration date)
2019年04月20日 11時11分更新日時
(Last update)
2019年05月22日 12時28分
質問
(Question)
日本に在留している外国人はどこの国の人が多いのか。
回答
(Answer)
①法務省ホームページ 「在留外国人統計(旧登録外国人統計)統計表」
2018年6月末時点での統計で、中国人が741,656人で最も多い。
http://www.moj.go.jp/housei/toukei/toukei_ichiran_touroku.html

②『日本国勢図会 2018/19』矢野恒太記念会 p.46「図3-6 国籍別在留外国人の割合」中国人が28.5%と最も多い。(2017年末現在)

③『日本統計年鑑 第68回(2019)』日本統計協会 p.64「2-10 国籍別在留外国人(平成27~29年)」3年間、中国人が最も多い。

④『外交青書 第61号(平成30年版)』p.252「在留外国人数の推移と日本の人口に占める割合の推移」(2008~2017年)中国人が最も多い。


なお、在留外国人関係の用語、在留資格等については法務省に「用語の解説」がある。
http://www.moj.go.jp/housei/toukei/yougo_touroku.html  (いずれも最終確認:2019/04/20)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (351)
参考資料
(Reference materials)
矢野恒太記念会 編集 , 矢野恒太記念会. 日本国勢図会 : 日本がわかるデータブック 2018/19. 矢野恒太記念会, 2018.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I082992947-00 , ISBN 4875491492
総務省統計局/編集 , 総務省‖統計局. 日本統計年鑑 第68回(平成31年). 日本統計協会, 2018.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I088356918-00 , ISBN 9784620850283
キーワード
(Keywords)
在留外国人
中長期在留者
特別永住者
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000255183解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!