このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000255516
提供館
(Library)
山梨県立図書館 (2110005)管理番号
(Control number)
9000027323
事例作成日
(Creation date)
2018年04月24日登録日時
(Registration date)
2019年04月30日 18時02分更新日時
(Last update)
2019年04月30日 18時03分
質問
(Question)
山梨県内の車の普及について知りたい。いつくらいから普及したか。戦前にオート三輪がどのくらい普及していたか(特に山間部)等。
回答
(Answer)
県内の車保有について、当館の資料で公の数が確認できたのは「大正三年次 1台」(『甲府市統計書 大正四年』pp.66-67)の記載が最初である。それ以前の統計書には記載なし。
自用自動車についての記載が確認できたのは『山梨県統計書 大正九年』(大正10年3月31日現在)p.416で「自用自動車(甲府市)1台」の記載あり。戦前で所蔵があり調査できるのは1941(昭和16)年分までで、自動三輪の記載は確認できなかった。
自動三輪の記載が確認できたのは、1947(昭和22)年10月末調査以降のデータで、『自動車保有車両数 10年表』第一巻(自動車検査登録協力会 1985)に掲載されている。

詳細は参考資料をご覧ください。
回答プロセス
(Answering process)
1.自館システムのレファレンス記録を検索 キーワード「車」
レファレンス記録「山梨県内の大正時代の自動車数について知りたい」より、『山梨県統計書』を確認。

・『山梨県統計書 大正四年』pp.274-275 大正5年3月31日現在
 営業用自動車(甲府市)の欄に2台の記載あり。(それ以前の統計書には記載なし。)
→上記より『甲府市統計書 大正四年』を確認。
・『甲府市統計書 大正四年』p.66-67
 第三表に大正3年次に1台の記載あり。(その前後明治44年~大正4年には記載なし。)
・『山梨県統計書 大正九年』p.416 大正10年3月31日現在
 自用自動車(甲府市)の欄に1台の記載あり。営業用は各地域で所有が広がっている。
・以降『山梨県統計書 昭和十年』までは、自動車保有数の掲載があるものの、昭和十一年より掲載されていない。
 戦前で所蔵しているのは昭和十六年分まで。その後は昭和二十六年から所蔵。(昭和24年総数から掲載あり)
・小型貨物三輪の記載があるのは『山梨県統計書 昭和二十六年』より。戦前はなし。

2.行政資料「交通」の棚を確認。
・『交通事故統計 昭和29年』p.39 図表32「保有自動車の車両別調」
昭和29年12月末現在のグラフあり。(用途別、車種別、営業自家用別になっているが、自動三輪の欄はなし)

3.『山梨県史』を確認。
・『山梨県史 通史編6』pp.136-141 自動車輸送についての記述あり
・『山梨県史 資料編17』pp.111-113 「交通調査網にかかった人と車」山梨日日新聞の記事あり

4.自館システムで検索 キーワード「自動車」「保有」
・『自動車保有車両数 10年表』第一巻(昭和21年度~昭和30年度)(自動車検査登録協力会 1985)
→用途別、都道府県別、車種別、自家用・営業用別と様々な方面から確認できるが、その年によって、合計数しか掲載されていない場合も多い。

5.インターネットで検索
・奥井正俊「大正・昭和戦前期における自動車の普及課程」(雑誌「新地理」36巻3号 1988.12)
上記論文がインターネット全文公開
→全国自動車保有台数の推移ほか、全国単位で検証。

6.県HPの統計を確認
→「自動車保有台数」の掲載あり。
http://www.pref.yamanashi.jp/toukei/jidousyahoyuu.html (2019.2.10現在)
(昭和35、45、55年、平成2、12、22、23~28年のデータあり)

7.地域資料「商業」「交通」の棚を確認。
・『山梨県交通安全協会 その沿革と現状 創立65周年財団法人設立20周年記念』(山梨県交通安全協会/編 山梨県交通安全協会 1990)
 pp.20-24 昭和20~30年代の情勢について、簡単な記載あり。自動三輪についてはなし。
・『山梨県自動車販売店協会三十年史』(山梨県自動車販売店協会/編 山梨県自動車販売店協会 1981)
 pp.47-59「前史編」山梨県自動車販売店協会創立以前の明治から昭和25年までの歴史、情勢がまとめられている。
 pp.248-249「市郡別保有台数の推移」昭和33~55年のデータ が掲載されている。
 pp.250-251「用途別保有車両の推移」昭和26~55年のデータ が掲載されている。
       (小三貨物車、小型乗用車三輪、軽自動車三輪車の数値もあり)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
自動車工学  (537 9版)
陸運.道路運輸  (685 9版)
各種の統計書  (359 9版)
参考資料
(Reference materials)
甲府市/編 , 甲府市. 甲府市統計書 大正4年 (第11回). 甲府市, 1917.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I005542052-00  (pp.66-67)
山梨県/編 , 山梨県. 山梨県統計書 大正4年. 山梨県, 1917.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I005542115-00  (pp.274-275)
山梨県/編 , 山梨県. 山梨県統計書 大正9年(第38回). 山梨県, 1922.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I005542119-00  (p.416)
山梨県/編 , 山梨県総務部統計課/編 , 山梨県 , 山梨県総務部統計課. 山梨県統計書 昭和26年. 山梨県総務部統計課, 1952.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I005680034-00  (pp.120-121)
自動車保有車両数・10年表 第1巻 昭和21年度〜昭和30年度 都道. 自動車検査登録協力会, 1985.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I005533863-00  (1冊)
山梨県/編集 , 山梨県. 山梨県史 通史編6. 山梨日日新聞社, 2006.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I005561037-00  (pp.136-141)
山梨県/編集 , 山梨県. 山梨県史 資料編17. 山梨日日新聞社, 2000.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I005572357-00 , ISBN 4897108101 (pp.111-113)
[国家地方警察山梨県本部警ら交通課/編]. 交通事故統計 昭和29年. 1955.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I005566717-00  (p.39)
山梨県交通安全協会/編 , 山梨県交通安全協会. 山梨県交通安全協会 その沿革と現状 : 創立65周年財団法人設立20周年記念. 山梨県交通安全協会, 1990.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I005537416-00  (pp.20-24)
山梨県自動車販売店協会/編 , 山梨県自動車販売店協会. 山梨県自動車販売店協会三十年史. 山梨県自動車販売店協会, 1981.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I005546503-00  (pp.47-59,248-251)
キーワード
(Keywords)
自動車
自動三輪
保有車両
統計
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000255516解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!