このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000196030
提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
C160701184138
事例作成日
(Creation date)
2016/7/12登録日時
(Registration date)
2016年08月18日 00時30分更新日時
(Last update)
2016年08月18日 17時37分
質問
(Question)
保険各社が販売している「個人情報漏洩保険」の契約総数の推移を長期的に知りたい。
回答
(Answer)
下記の資料及びデータベースを確認しましたが、個人情報漏洩保険の各社ごとの契約件数及び保険会社全体の契約総数の推移について記載されている資料は見当たりませんでした。なお、資料1から資料4に単年の契約数や契約社数に関する記述がありましたので、参考までにご紹介します。
【】内は当館請求記号です。また、インターネットの最終アクセス日は2016年7月8日です。

資料1 「個人情報漏えい保険脚光」『日経金融新聞』2005年4月1日 東京朝刊3面 【Z99-189】
「個人情報漏えい保険の販売動向(2004年度見込み、概数)」という表があり、6社の保険料収入と契約件数が掲載されています。

資料2 「個人情報の漏洩防げ 関連市場拡大」『産経新聞. [東京]』 2005年5月23日 朝刊29面 【YB-11】
AIU保険は2004年2月の販売開始以降、2005年の4月末までで約1,000社と契約、東京海上日動火災保険は2004年の4月の販売開始以降約2,000社と契約、としています。

資料3 「「情報漏洩保険」に関心 マイナンバーで損保各社が力」『日本経済新聞. [東京]. 縮刷版』2015年10月21日 朝刊5面 【Z99-7】
東京海上日動火災保険の2015年度の契約数は前年度から2割伸びる見込み、としています。また、損害保険ジャパン日本興亜、三井住友海上火災保険、あいおいニッセイ同和損害保険の各社の見通しと合計すると、2015年度の新規契約は前年度から約15%増の2万件前後となる見込み、としています。

資料4 「マイナンバーの番号漏洩、大手企業7割が懸念」『日本経済新聞. [東京]. 縮刷版』2015年12月18日 朝刊11面 【Z99-7】
東京海上日動火災保険の16年3月末の契約数は1年前より1,000件増加して7,000件となる見通し、としています。

資料5 「損保会社がマイナンバー漏洩を補償対象 制度開始前に問い合わせ相次ぐ」『日経コンピュータ』(893):2015.8.20 日経BP社 2015 【Z14-885】
AIU損害保険は中小企業を中心に約4,000社が契約、としています。

(その他調査済み資料及びデータベース)
・『インシュアランス. 損保版』(損害保険統計号):2006年版-(損害保険統計号):2015年版 保険研究所, 2006-2015 【Z3-133】
・『損害保険料率算出機構統計集』2004・2005年度-2014年度 損害保険料率算出機構, 2006-2015 【Z3-B453】
・土井岳「情報セキュリティ(第2回)「個人情報漏洩保険」は加入するべきか否か?」『近代中小企業』42(5) (通号 561) 中小企業経営研究会 2007 【Z4-88】
・鈴木哲史「業種により保険料に5倍の開きも 個人情報漏洩保険の種類と戦略的活用法」『旬刊経理情報』(1397) 中央経済社 【Z4-335】
・『東京海上日動の現状』平成17年版-平成20年版 東京海上日動火災保険広報部, 2005-2008 【Z41-1837】
・『日本の損害保険ファクトブック』2006-2015 日本損害保険協会, 2006-2015 【Z41-1895】
・『Sonpo』(35) 2005.1-(52):2010.1 日本損害保険協会, 2005-2010 【Z71-H598】
・『損保ジャパンの現状』2005-2013 損害保険ジャパン広報部, 2005-2013 【Z71-H698】
・『損保ジャパン・日本興亜損保の現状』2014 東京海上日動火災保険広報部, 2014 【Z71-H698】
・『損保ジャパン日本興亜損保の現状』2015 東京海上日動火災保険広報部, 2015 【Z71-H698】
・『損害保険白書』平成17年度版-平成22年度版 保険銀行日報社, 2005-2010 【Z71-P374】
・『あいおいニッセイ同和損害保険の現状』2011-2014 あいおいニッセイ同和損害保険経営企画部広報室, 2011-2014 【Z72-D541】
・日本能率協会総合研究所マーケティング・データ・バンク 編『ビジネスデータ検索事典 : データ&data. 2012』日本能率協会総合研究所, 2012 【D1-L23】
・NDL-OPAC( https://ndlopac.ndl.go.jp/
・国立国会図書館サーチ( http://iss.ndl.go.jp/
・CiNii Books( http://ci.nii.ac.jp/books/
・CiNii Articles( http://ci.nii.ac.jp/
・EDINET( http://disclosure.edinet-fsa.go.jp/
・リサーチ・ナビ( http://rnavi.ndl.go.jp/rnavi/
・日経テレコン21(当館契約データベース)
・聞蔵ビジュアル(当館契約データベース)
・ヨミダス歴史館(当館契約データベース)
・毎索(当館契約データベース)
・中日新聞・東京新聞記事データベース(当館契約データベース)
・日経BP記事検索サービス(当館契約データベース)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
・国立国会図書館「リサーチ・ナビ」
・『ビジネスデータ検索事典:データ & DATA 2012』(日本能率協会総合研究所、2012年)
NDC
保険  (339 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
個人情報漏洩保険、損害賠償保険
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000196030解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!