このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000082081
提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
C2011口頭0301
事例作成日
(Creation date)
20110208登録日時
(Registration date)
2011年03月17日 02時03分更新日時
(Last update)
2011年03月17日 02時03分
質問
(Question)
世界の保険業界について調べています。
回答
(Answer)
世界の保険業界について調べる資料としては、以下のものがあります。
(【 】内は当館請求記号です。)

・スイス再保険会社(Swiss RE)のウェブサイト
『sigma』のページ( http://www.swissre.com/sigma/ )で、「World Insurance in 2009」(2/2010)の日本語訳「2009年の世界の保険 保険料は落ち込んだものの、業界の資本状況は改善」( http://media.swissre.com/documents/sigma2_2010_jp_2.pdf )を見ることができます。巻末には、地域別、国別の保険料ボリュームなどの統計が掲載されています。

・当館契約データベース「EBSCOhost」の「Industry Profile」
「Industry Profile」で市場規模やシェアを知ることができます。保険については、2010年版では、「Insurance Industry Profile」(Aug2010)、「Life Insurance Industry Profile」(Aug 2010)「Non-Life Insurance Industry Profile」(Aug 2010)、「Property & Casualty Insurance Industry Profile」(Mar2010)、「Motor Insurance Industry Profile」(Jul2010)、「Life & Health Insurance Industry Profile」(Mar2010)等があります。それぞれ、Global版があります。
なお、「Insurance Industry Profile」(Aug2010)については、Global版のほか、地域別、国別に、以下のIndustry Profileがあります。
(地域別)アジア太平洋地域(Asia-Pacific)版、欧州地域(Europe)版
(国別)オーストラリア、インド、韓国、台湾、中国、日本のアジア・太平洋地域7カ国・地域、チェコ、ハンガリー、ノルウェー、ポーランド、ロシア、スウェーデン、ベルギー、デンマーク、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、英国、オランダの欧州地域14カ国、カナダ、米国、ブラジル、メキシコの4カ国、及び、南アフリカ(以上25ヶ国・地域)
「Life Insurance Industry Profile」(Aug 2010)、「Non-Life Insurance Industry Profile」(Aug 2010)の対象地域・国については、上記「Insurance Industry Profile」(Aug2010)の対象地域・国版に、シンガポールが加わります。
「Motor Insurance Industry Profile」(Jul2010)は、Global、Asia-Pacific、Europe版のほか、フランス、ドイツ、英国、米国、日本のみです。
「Property & Casualty Insurance Industry Profile」(Mar2010)、「Life & Health Insurance Industry Profile」(Mar2010)はGlobal版のみです。

・当館契約データベース「Mergent Web Report」
「Asia-Pacific Insurance Sectors」「Europe Insurance Sectors」「North America  Insurance Sectors」などのIndusty Reportを見ることができます。半年ごとのレポートで、業界環境や産業規模などについてまとめています。
2010年のレポートでは、対象国は、アジア・太平洋地域では、オーストラリア、中国、インド、日本、シンガポール、韓国、欧州地域では、フランス、ドイツ、イタリア、オランダ、スペイン、英国、北米地域では、米国、カナダであり、国別の最新動向を把握することができます。

・『Insurance Statistics Yearbook』(OECD 年刊【Z61-E772】)
OECD加盟国別に、保険会社数や収入保険料や支払保険金等に関するデータが掲載されています。最新版(2010年版15 Nov 2010 )は当館契約データベース「OECD ilibrary」で見ることができます。

・『欧米主要国における保険規制、監督、市場動向について』(損害保険事業総合研究所研究部 2010.3【DF411-J61】)
欧米主要国((1)イギリス、(2)ドイツ、(3)フランス、(4)米国)における市場規模(保険料収入)や市場シェアに関するデータが紹介されています。

(1)イギリス
「1.1.市場規模 1.1.1.保険料規模」中のp.39に、保険種類別(損害保険、生命保険・年金)の収入保険料の推移(2004年-2008年)が掲載されています。出典は、英国保険協会(Association of British Insurer:ABI)のウェブサイトです。
「1.1.市場規模 1.1.2.主要保険会社」中のp.40に、保険種類別(損害保険、長期保険(生命保険、団体保険、個人年金)、兼営)の保険会社数(2008年)が掲載されています。出典は、英国保険協会(Association of British Insurers:ABI)の『UK Insurance-Key Facts(2009.9)』です。
また、pp.40-41に、主要損害保険グループの収入保険料の市場シェア(2008年)が掲載されています。出典は、英国保険協会(Association of British Insurers :ABI)のウェブサイトです。
「1.2.販売チャネル1.2.3.主な保険仲介者のマーケットシェア」中のpp.49-50では、保険種目(個人自動車保険、住宅保険)ごとに、販売チャネル(ダイレクト、ブローカー、提携販売、銀行等)別に、上位5社の市場シェア(2008年9月調査)を掲載しています。また、pp.50-51に保険種目(個人自動車保険、住宅保険)ごとに、保険グループ上位10社の市場シェア(2008年9月調査)が掲載されています。
出典は、いずれもDATAMONITOR社の『UK Personal Insurance Distribution 2009(2009.6)』です。

(2)ドイツ
「1.1.市場規模 1.1.1.保険料規模」中のpp.111-112に、保険種類別(損害保険、生命保険、医療保険)の収入保険料の推移(2004年-2008年)が掲載されており、「1.1.市場規模 1.1.2.主要保険会社」中のp.112に、保険種類別の保険会社数の推移(2005年-2008年)が掲載されています。出典は、いずれもドイツ保険協会の『Statistisches Taschenbuch der Versicherungswirtschaft 2009』です。
また、pp.112-113には、損害保険会社グループの収入保険料上位10社ランキング(2007、2008年)が掲載されています。出典はAllgemeiner Fachverlagの『Zeitschrift für Versicherungswesen 22/2009(2009.11)』です。
なお、Zeitschrift fur Versicherungswesen. -- Allgemeiner Fachverlag【Z51-D52】については、当館では1974年までの所蔵になっています。

(3)フランス
「1.1.市場規模 1.1.1.保険料規模」中のpp.145-146に、保険種類別(損害保険、生命保険・医療保険)の保険料収入の推移(2004年-2008年)が掲載されています。出典は、フランス保険企業協会(Fédération Française des Sociétés d'Assurances)の『French insurance in 2008』です。
「1.1.市場規模 1.1.2.主要保険会社」中のp.146に、損害保険、生命保険の保険会社数(2007年)が紹介されています。出典は、イギリスの調査会社Axcoの『Insurance Market Reports(2010.1)』です。
また、p.149に生命・損害保険料収入上位10社のランキング(2008年)が掲載されています。出典は、フランス保険企業協会(Fédération Française des Sociétés d'Assurances :FFSA)の『French insurance in 2008』です。

(4)米国
「1.1.市場規模 1.1.1.保険料規模」中のp.177に、保険種類別(損害保険、生命・医療保険)の収入保険料の推移(2003年-2007年)が掲載されており、「1.1.市場規模 1.1.2.主要保険会社」中のp.178に、損害保険会社の保険料収入上位10グループの市場シェア(2007年)が掲載されています。出典は、いずれも米国保険情報協会(Insurance Information Institute:I.I.I)の『Insurance Fact Book 2009』です。

・『欧米保険市場における個人向け保険商品の特性と販売・募集の実態』(損害保険事業総合研究所, 2007.9【DF431-H33】)
欧米主要国((1)イギリス、(2)ドイツ、(3)フランス、(4)米国)における自動車保険、住宅保険、医療保険の市場規模(保険料収入)や市場シェアに関するデータが掲載されています。

(1)イギリス
「2.自動車保険(1)概要a.市場」中のp.28に、自動車保険の保険料総額の推移(2001-2005年)が掲載されています。出典は、DATAMONITOR社の『UK Private Motor Insurance 2006』です。
「3.住宅保険(1)概要a.市場」中のp.42に、火災保険の収入保険料の推移(2001年-2005年)が掲載されています。出典は、DATAMONITOR社の『UK Household Insurance 2007.2』です。
「4.医療保険(1)概要b.民間医療保険(a)市場」中のp.55に、個人医療保険(Private Medical Insurance:PMI)の保険料推移(2001-2005年)が掲載されています。出典は英国保険協会(Association of British Insurers :ABI)のウェブサイトです。「4.医療保険(4)販売体制」中のp.65にPMI会社別の市場シェアの推移(2001-2005年)が掲載されています。出典はDATAMONITOR社の『UK Private Medical Insurance 2006』です。

(2)ドイツ
「2.自動車保険(1)概要a.市場」中のp.81に、収入保険料の推移(2001-2005年)が掲載されています。「3.建物・家財総合保険(1)概要a.市場」中のp.92に、収入保険料の推移(2001-2005年)が掲載されています。「4.医療保険(1)概要a.市場」中のp.102に、民間医療保険の収入保険料の推移(2001-2005年)が掲載されています。
いずれも出典は、ドイツ保険協会(Gesamtverbandes der Deutschen Versicherungswirtschaft e.V:GDV)の『Statistical Year Book of German Insurance 2006』です。

(3)フランス
「2.自動車保険 (1)概要a.市場」中のp.125に、保険料収入の推移(2001年-2006年)、p.126に保険料収入上位10社の市場シェア(2006年)が掲載されています。
「3.住宅総合保険(1)概要a.市場」中のp.143に、保険料収入の推移(2001年-2006年)、pp.143-144に保険料収入上位10社の市場シェア(2006年)が掲載されています。
「4.医療保険(1)概要b.民間医療保険」中のp.160に医療・傷害保険の保険料収入の推移(2001-2006年)、p.160-161に医療保険の保険料収入上位10社の市場シェアが掲載されています。
保険料収入の推移の出典については、自動車保険、住宅総合保険、医療保険ともに、フランス保険企業協会 (Fédération Française des Sociétés d'Assurances:FFSA)の『L'assurance Française en 2006』であり、市場シェアの出典については、自動車保険、住宅総合保険は、L'argus de l'assuranceの『L'argus de l'assurance Special IARD et vie 2006』で、医療保険は、L'argus de l'assuranceの『Le Top 30 De La Sante en 2006』です。

(4)米国
「2.自動車保険(1)概要a.市場」中のp.199に、元受保険料の推移(2002年-2006年)、p.200に、元受保険料上位10社のマーケットシェア(2005年)が掲載されています。
元受保険料推移の出典は、A.M.Bestの『Bests Aggregate and Averages, Property / Casualty, United States and Canada,2006 Edition』、A.M.Best Researchの『U.S. Property / Casualty 2006 Direct Premiums Written by Line』です。元受保険料上位10社ランキングの出典は、米国保険情報協会(Insurance Information Institute:I.I.I)のウェブサイト『Auto Insurance』です。
「3..ホームオーナーズ保険(1)概要a市場」中のp.232に、元受保険料の推移(2002年-2006年)、元受保険料上位10社の市場シェア(2005年)が掲載されています。ここでいうホームオーナーズ保険とは、住宅や家財に対する損害を補償する保険です。
元受保険料推移の出典は、A.M.Bestの『Bests Aggregate and Averages, Property / Casualty, United States and Canada,2006 Edition』、A.M.Best Researchの『U.S. Property / Casualty 2006 Direct Premiums Written by Line』です。
元受保険料上位10社ランキングの出典は、米国保険情報協会(Insurance Information Institute:I.I.I)のウェブサイト『Leading Writers of Homeowners Insurance by Direct Premiums Written 2005』です。

・松野篤、二瓶美由紀「EU損害保険市場の最新動向--2008年の実績とトレンド変化」(損保ジャパン総研クォータリー. 54 [2009.11] pp.29-59【Z3-3016】)
損保ジャパン総研のウェブサイト上で全文公開( http://www.sj-ri.co.jp/issue/quarterly/data/qt54-2.pdf
EUの損害保険市場について、スイス再保険会社の『World Insurance in 2008』を引用し解説しています。また、英国、ドイツ、フランスにつき、それぞれ、英国保険協会(Association of British Insurers :ABI)、ドイツ保険協会(Gesamtverbandes der Deutschen Versicherungswirtschaft e.V :GDV)、フランス保険企業協会(Fédération Française des Sociétés d'Assurances:FFSA)の資料に基づき、保険料の推移などのデータを紹介しています。

・松野篤「イギリス、ドイツ、フランスの損害保険市場の動向--欧州における金融監督規制改革の動向」(『損保ジャパン総研クォータリー』56 [2010.11] pp.2-26【Z3-3016】)
損保ジャパン総研のウェブサイト上で全文公開( http://www.sj-ri.co.jp/issue/quarterly/data/qt56-1.pdf
英国、ドイツ、フランスにつき、それぞれ、英国保険協会(Association of British Insurers :ABI)、ドイツ保険協会(Gesamtverbandes der Deutschen Versicherungswirtschaft e.V :GDV)、フランス保険企業協会(Fédération Française des Sociétés d'Assurances:FFSA)の資料に基づき、保険料の推移などのデータを紹介しています。

・損保ジャパン総研のウェブサイト
「海外市場調査」のページ( http://www.sj-ri.co.jp/research/insurance_finance/gmr.html )では、『損保ジャパン総研クォータリー』や『損保ジャパントッピクス』に掲載された論文を見ることができます。
米国や欧州における最新市場動向を日本語で見ることができます。例えば、
・田尻貴夫「米国損害保険市場の動向―AIG への公的資金投入に関する動向―」『損保ジャパン総研クォータリー』2011. 1. Vol. 57 pp.2-19( http://www.sj-ri.co.jp/issue/quarterly/data/qt57-1.pdf )では、米国の損害保険市場の動向について、A.M.Best社等の資料を基に解説しています。
また、「ザ・ファクトブック アメリカ損害保険事情」のページ( http://www.sj-ri.co.jp/research/insurance_finance/factbook.html )では、米国保険情報協会(Insurance Information Institute:I.I.I.)発行の全文訳を見ることができます。米国損害保険の種目別(自動車保険、住宅所有者保険など)状況を見ることができます。

・『生命保険事業概況 [電子資料]』(生命保険協会 年刊)
平成21年度版には「国際生命保険統計(2010年版)」が収載されています。
「1. 主要7カ国・アジア8カ国の概況」(p.1)中に、「生命保険主要業績統計(一覧)2009年」があります。対象国は、主要7カ国(日本、米国、英国、ドイツ、フランス、イタリア、カナダ)と、アジア8カ国(韓国、台湾、タイ、マレーシア、シンガポール、インドネシア、フィリピン、中国)です。収入保険料、会社数等のデータが掲載されています。
収入保険料の出所は、Swiss Reの『Sigma No2/2010 World Insurance in 2009』です。会社数の出所は、各国協会等の発表です。
「2.世界の概況 世界の保険市場-2009年-」(p.3)に、生命保険・損害保険合計による上位50カ国の地域・国別の保険料収入のランキング、市場シェアが掲載されています。
出所は、Swiss Reの『Sigma No2/2010 World Insurance in 2009』です。
「3. 生命保険業績統計(各国別)」(pp.4-54)では、主要7カ国(日本、米国、英国、ドイツ、フランス、イタリア、カナダ)、アジア8カ国(韓国、台湾、タイ、マレーシア、シンガポール、インドネシア、フィリピン、中国)に関するデータが掲載されています。

(1)米国
以下の項目の統計(2002年-2008年)が掲載されています。
1.契約関係(新規契約件数・契約高、保有契約件数・契約高)
2.収支関係(収入・支出総額、収入保険料の総額と内訳(生命保険、年金保険、医療保険)など)
3.資産・負債関係
4.会社・従業員数(生命保険会社数、収入保険料上位5社(2008年)のランキングなど)
データの出所は、すべて米国生命保険協会(AMERICAN COUNCIL OF LIFE INSURERS :ACLI)の『Life Insurers Fact Book』です。

(2)英国
以下の項目に関する統計(2002年-2009年)が掲載されています。
1.契約関係(個人生命保険、個人年金などの新規契約件数・保険料、保有契約件数・保険料)
2.収支関係(収入保険料、支払給付金など)
3.資産・負債関係
4.会社・従業員数(生命保険、損害保険会社数、収入保険料上位5社(2009年)のランキングなど)
データの出所は、1.契約関係、2.収支関係は、英国保険協会(Association of British Insurers :ABI)の『Long-term insurance statistics』であり、3.資産・負債関係、4.会社・従業者関係は、英国保険協会(Association of British Insurers :ABI)の『Other Insurance Statistics』です。

(3)ドイツ
以下の項目に関する統計(2002年-2009年)が掲載されています。
1.契約関係(新規契約件数(2005年-2009年)、新規契約保険金額)
2.収支関係(収入保険料、支払保険給付金)
3.資産関係
4.会社・従業員(生命保険会社数、収入保険料上位5社(2008年)のランキングなど)
データの出所は、1.契約関係、2.収支関係、3.資産関係、4.会社・従業者関係について、ドイツ保険協会(Gesamtverbandes der Deutschen Versicherungswirtschaft e.V :GDV)の『Geschäftsentwicklung Die Deutsche Lebensversicherung in Zahlen』、BaFin『Jahresbericht der Bundesanstalt für Finanzdienstleistungsaufsicht』Hoppenstedt Firmeninformationen GmbH『Versicherungs-Jahrbuch』等です。

(4)フランス
以下の項目に関する統計(2002年-2009年)が掲載されています。
1.収支関係(収入保険料、支払保険金など)
2.資産・負債関係
3.会社・従業者関係(生命保険、混合保険会社(生保・傷病疾病)、損害保険会社数(2008年、2009年)、収入保険料順位5社(2009年)のランキングなど)
データの出所は、すべてフランス保険企業協会 (Fédération Française des Sociétés d'Assurances:FFSA)の『Rapport annuel』です。

(5)イタリア
以下の項目に関する統計(2002年-2009年)が掲載されています。
1.収支関係(収入保険料、給付金支払額など)
2.資産・負債関係
3.会社・従業者関係(生命保険、生損保兼営会社、損害保険会社の会社数)
データの出所は1.収支関係と3.会社・従業者関係は、イタリア保険協会(Associazione Nazionale fra le Imprese Assicuratrici :ANIA)の『L'assicurazione Italiana』、2.資産・負債関係は、同資料及びイタリア保険協会(Associazione Nazionale fra le Imprese Assicuratrici :ANIA)の『Appendice Statistica』です。

(6)カナダ
以下の項目に関する統計(2002年-2008年)が掲載されています。
1.契約関係(新規契約高・保有高)
2.収支関係(生命保険、年金保険、医療保険の収入保険料、保険契約に基づく諸支払金(死亡保険金、契約者給付金、年金、医療給付金など))
3.資産・負債関係
4.会社・従業者(生命保険会社数)
データの出所は、カナダ生命保険/健康保険協会(Canadian Life and Health Insurance Association, Inc:CLHIA)の『Canadian Life and Health Insurance Facts』です。

(7)韓国
以下の項目に関する統計(2002年-2008年)が掲載されています。
1.契約関係(新規契約件数・契約高、保有契約件数・契約高)
2.収支関係(収入保険料、保険給付金など)
3.資産・負債関係
4.会社・従業者数(生命保険会社数、収入保険料上位5社(2008年度))
データの出所は、韓国生命保険協会(Korean Life Insurance Association:KLIA)の『Life Insurance Statistics Yearbook』です。

(8)台湾
以下の項目に関する統計(2002年-2009年)が掲載されています。
1.契約関係(新規契約件数・契約高、保有契約件数・契約高)
2.収支関係(収入保険料、保険給付金など)
3.資産・負債関係
4.会社関係(生命保険会社数、収入保険料上位5社(2009年))
データの出所は、すべて台湾保険事業発展中心(Taiwan Insurance Institute)の『Life Insurance Business in Taiwan』です。

(9)タイ
以下の項目に関する統計(2002年-2008年)が掲載されています。
1.契約関係(新規契約件数・契約高、保有契約件数・契約高)
2.収支関係(収入保険料、保険契約に基づく諸支払金)
3.資産関係
4.会社関係(生命保険会社数、収入保険料上位5社(2008年))
データの出所は、すべてタイ生命保険協会(The Thai Life Assurance Association:TLAA)の『Life Insurance Annual Statistics Report』です。

(10)マレーシア
以下の項目に関する統計(2002年-2009年)が掲載されています。
1.契約関係(新規契約件数・契約高、保有契約件数・契約高)
2.収支関係(収入保険料、諸支払金)
3.資産関係
4.会社・従業者(生命保険・生損保兼営、損害保険会社数、総資産順位による上位5社(2008年))
データの出所は、すべてマレーシア中央銀行(Bank Negara Malaysia)の『Annual Insurance Statistics』です。

(11)シンガポール
以下の項目に関する統計(2002年-2009年)が掲載されています。
1.契約関係(新規契約件数・金額、保有契約件数・金額など)
2.収支関係(収入保険料、保険金・給付金等)
3.資産関係
4.会社関係(生命保険会社数、収入保険料上位5社(2009年))
データの出所は、すべてシンガポール通貨金融庁(Monetary Authority of Singapore:MAS)の『Insurance Statistics』です。

(12)インドネシア
以下の項目に関する統計(2002年-2008年)が掲載されています。
1.契約関係(新規契約件数(2004-2008年)・保険料、保有契約件数・保険金額)
2.収支関係(収入保険料、保険・給付金額)
3.資産関係
4.会社・従業者(生命保険会社、損害保険会社等の会社数、収入保険順位5社(2008年))
データの出所はすべてInsurance Bureau, Capital Market and Financial Institutions Supervisory Agencyの『Indonesian Insurance 』です。

(13)フィリピン
以下の項目に関する統計(2002年-2009年)が掲載されています。
1.契約関係(新規契約件数・契約高、保有件数・契約高)
2.収支関係(収入保険料、保険契約に基づく諸支払金)
3.資産関係
4.会社・従業者(生命保険・損害保険・生損保兼営会社数(2008年、2009年)、収入保険料上位5社(2009年))
データの出所は フィリピン保険委員会(Insurance Commision)の『Key Summary』,『Ranking of Life Insurance Companies according to Premium Income As of December 31 2009』です。

(14)中国
以下の項目に関する統計(2002年-2008年)が掲載されています。
1.保険事業統計(収入保険料)
2.会社・従業者(保険会社数(2006年-2008年)、収入保険料上位5社(2008年))
データの出所は中国保険監督管理委員会の『中国保険年鑑』、中国国家統計局の『中国統計年鑑』、Swiss Reの『Sigma World Insurance』です。

・英国保険協会(Association of British Insurers:ABI)のウェブサイト( http://www.abi.org.uk/
「Publications Product List Statistical Publications」のページ ( http://www.abi.org.uk/Publications/Publications_Product_List.aspx?Category=3170 )や、「Publications Product List Research reports」 のページ( http://www.abi.org.uk/Publications/Publications_Product_List.aspx?Category=3169)
では、英国保険協会がまとめた統計や調査報告書を見ることができます。

・ドイツ保険協会(Gesamtverbandes der Deutschen Versicherungswirtschaft e.V :GDV)のウェブサイト( http://www.gdv.de/
「Publikationen  Periodika 」のページ( http://www.gdv.de/Publikationen/Periodika/inhalt.html )では、『Die Deutsche Lebensversicherung in Zahlen Geschäftsentwicklung 2009』( http://www.gdv.de/Publikationen/Periodika/Die_Deutsche_Lebensversicherung_in_Zahlen/linkliste.html )や、『Statistical Yearbook of German Insurance 2010』( https://secure.gdv.de/gdv-veroeffentlichungen/user/control.php?EVENT=category&ACTION=showOffers&catID=7 )等を見ることができます。

・フランス保険企業協会(Fédération Française des Sociétés d'Assurances:FFSA)のウェブサイト( http://www.ffsa.fr/sites/jcms/fp_7230/portail-accueil
「Les études et statistiques」のページ( http://www.ffsa.fr/sites/jcms/fp_8801/les-etudes-et-statistiques )では、フランス保険企業協会が取りまとめた統計や報告書を見ることができます。
「Le Rapport annuel FFSA」のページ( http://www.ffsa.fr/sites/jcms/fp_8800/le-rapport-annuel-ffsa )では、『FFSA annual report 2009』を見ることができます。

・米国生命保険協会(AMERICAN COUNCIL OF LIFE INSURERS :ACLI)のウェブサイト( http://www.acli.com/ACLI/
「LIFE INSURERS FACT BOOK」のページ( http://www.acli.com/ACLI/Tools/Industry+Facts/Life+Insurers+Fact+Book/ )で、『ACLI Life Insurers Fact Book 2010』を見ることができます。

・イタリア保険協会(Associazione Nazionale fra le Imprese Assicuratrici :ANIA)のウェブサイト( http://www.ania.it/
「Pubblicazioni- L'Assicurazione Italiana」のページ( http://www.ania.it/PUBBLICAZIONI/LxAssicurazione_Italiana.html )では、『L'assicurazione Italiana nel 2009/2010 』( http://www.ania.it/opencms/openmcs/export/sites/default/documenti/cc55ffaf-89b8-11df-8a79-f3c446ddba06___ANIA-ass_italiana_2009-2010.pdf )や『Italian Insurance in 2009/2010 』( http://www.ania.it/opencms/openmcs/export/sites/default/documenti/07768aeb-e730-11df-8056-f3c446ddba06___Italian_insurance_2009-2010.pdf )などのレポートから統計を得ることができます。

・韓国生命保険協会(Korean Life Insurance Association:KLIA)のウェブサイト( http://www.klia.or.kr/eng/
「Annual Statistics」のページ( http://www.klia.or.kr/eng/statistics/stat_02.asp )から各種統計を得ることができます。

・タイ生命保険協会(The Thai Life Assurance Association:TLAA)のウェブサイト
http://www.tlaa.org/english/index.html
『Annual Statistic Reports』などの統計レポート(Statistic Reports)を見ることができます。

・マレーシア中央銀行(Bank Negara Malaysia)のウェブサイト
「Statistics Insurance Annual Report and Statistics」のページ( http://www.bnm.gov.my/index.php?ch=12&pg=682&ac=78&yr=2009 )で、『Annual Insurance Statistics』を見ることができます。

・シンガポール通貨金融庁(Monetary Authority of Singapore:MAS)のウェブサイト
「Statistics Room -Insurance Statistics」のページ( http://www.mas.gov.sg/data_room/insurance_stat/Insurance_Statistics.html )で、『Insurance Statistics』を見ることができます。

・フィリピン保険委員会(Insurance Commision)のウェブサイト( http://www.insurance.gov.ph/index.asp
「Insurance Summary Report」のページ( http://www.insurance.gov.ph/htm/_statistics.asp )で、『Ranking of Life Insurance Companies according to Premium Income As of December 31 2009』や、「Key Data」のページ( http://www.insurance.gov.ph/htm/_market.asp )で『Summary from 2005-2009』
などを見ることができます。

データベース、インターネットの最終アクセス日は2011年2月8日です。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
保険  (339 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
保険
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000082081解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!