このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000061562
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M09092609134393
事例作成日
(Creation date)
2009/09/26登録日時
(Registration date)
2010年01月05日 02時29分更新日時
(Last update)
2019年03月31日 00時30分
質問
(Question)
パブリックコメントについて解説した資料があるか
回答
(Answer)
パブリックコメントとは、原案や資料を広く国民各層に公表してこれに対する意見、情報の提出を求め、提出された意見等を考慮して意思決定を行うという仕組みのことを言う(下記『パブリック・コメントと参加権 行政法研究双書』参照)。「行政手続法の一部を改正する法律」(平成17年法律第73号)によって、「行政手続法」(平成5年法律第88号)における意見公募手続が法制化された(平成18年4月1日施行)。以下の資料が参考になる。『パブリック・コメントと参加権 行政法研究双書』は、制度制定の経緯、日米比較などを行うとともに、参加権へと高めてゆく提言を行った資料である。『改正行政手続法とパブリック・コメント』は、意見公募手続等を法制化した行政手続法改正の経緯、この改正の基礎になった行政手続法検討会報告の内容、改正行政手続法の内容、地方公共団体の課題について解説している。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
憲法  (323 9版)
参考資料
(Reference materials)
常岡孝好『パブリック・コメントと参加権 行政法研究双書』弘文堂,2006,357p. 宇賀克也編『改正行政手続法とパブリック・コメント』第一法規,2006,197p.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2009092609103734393
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000061562解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!