このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000037864
提供館
(Library)
香川県立図書館 (2110006)管理番号
(Control number)
7696
事例作成日
(Creation date)
2007年09月29日登録日時
(Registration date)
2007年09月29日 15時44分更新日時
(Last update)
2018年02月23日 16時02分
質問
(Question)
日本国憲法の英訳を見たい
回答
(Answer)
当館には次のような資料がある。

・ようこそ日本国憲法へ 小林武/著 法学書院 2009.5 323.14
   ※巻末に「英文日本国憲法」収録あり。

・英語で日本国憲法を読む 憲法解釈はここからはじまる! 島村力/著 グラフ社 2001.11
  ※「はじめに」p.3-8に英文憲法についての説明あり。
「あとがき」p.161に憲法各条文には英文が添えてある次の本が紹介されている。
    ・日本國憲法 コンメンタール篇1 (法律學体系) 宮沢俊義/著 日本評論社 1955.9

・英和対訳日本国憲法の解説 世界一六九ヵ国の憲法研究 須郷登世治/著 中央大学出版部 1987.2

・日本国憲法をよむ 英文対訳 ブックス・プラクシス 常岡(乗本)せつ子/〔ほか〕著 柏書房 1993.2

・ビジュアル英語で読む日本国憲法 Bilingual books 講談社インターナショナル株式会社/編 講談社インターナショナル 1997.5

・日本国憲法 講談社学術文庫   講談社 1985.3
  ※日本国憲法の英訳文が巻末に掲載されている。

・現代用語の基礎知識 2001 特別付録 日本国憲法   自由国民社 2001.1 
  ※「和英完全対照条文」がついていてわかりやすい。

・現行法規総覧 1 憲法 衆議院法制局/編集 第一法規出版 1950.6
  ※日本語の憲法の後ろに英文が収録されている。

・日本国憲法 ポプラディア情報館 角替晃/監修 ポプラ社 2005.3
  ※p.30-31「憲法たんけん隊 前文を英語で読んでみよう!」に英語版の日本国憲法の解説や英語前文、前文(日本語)、英語訳注等あり。

・ (原典)日本憲法資料集 松本昌悦/編 創成社 1988.4
  ※p.822-833「英文日本国憲法」あり。

・マッカーサーの日本国憲法 キョウコ・イノウエ 著/監訳 桐原書店 1994.5( 翻訳書の原書名 MacArthur’s Japanese constitution)
  ※資料1 日本国憲法、資料2 日本国憲法アメリカ草案(マッカーサー憲法)に和文と英文あり。
(法情報)
回答プロセス
(Answering process)
(1)レファ協で次の事例を見つける
・福島一般3009 「日本国憲法の英訳が見たい。」
http://crd.ndl.go.jp/GENERAL/servlet/detail.reference?id=1000012297

(2)分類323.14で書名等に「英」を含む資料を検索して紹介。

(3)「レファレンスクラブ」の「レファレンス事例集」の
分類「320 法律」
http://www.reference-net.jp/ref_case/320.html
のところに次の事例があった。

「質問 日本国憲法の英訳版はあるか。
回答 (1) 政府刊行物として英訳があるかどうか、NACSIS-CATを検索。『The Constitution of Japan』(法務省1973)があることがわかった。
(2) 外国人向けの日本紹介的な本『Kodansha encyclopedia of Japan』(講談社)の中に日本国憲法の英訳が載っている。
分類 320 法律
資料 『Kodansha encyclopedia of Japan』(講談社):『The Constitution of Japan』(法務省) 」

(4)国立国会図書館さまから、次のような情報をいただいた。

①憲法の英文については、

当時刊行されていたOfficial Gazette (英文官報、国立国会図書館請求記号CZ-2-1)の
1946年11月3日に掲載された。
同じ内容は次のページで確認できる。

・国立国会図書館ホームページの電子展示会「日本国憲法の誕生」
   http://www.ndl.go.jp/constitution/e/etc/c01.html

  ※"The Constitution of Japan based on the English Edition by Government Printing Bureau" 有。

また、次の資料でも憲法の英文が確認できる。(※当館所蔵)

・現行法規総覧 1 憲法 衆議院法制局/編集 第一法規出版 1950.6
  ※日本語の憲法の後ろに英文が収録されている。

②なお、法令本文の英訳を調べるときは、次のようなサイトが参考になる。

・「内閣官房」のHP内の「法令翻訳データ」のページ
    http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/hourei/data2.html

・「日本の国内法の英訳」(※個人サイト)
    http://homepage2.nifty.com/paper/lawcollection.htm

(5)近畿大学中央図書館さま、次のような情報をいただいた。

日本法令外国語訳データベースシステム (法務省)
http://www.japaneselawtranslation.go.jp/  (2011/08/27確認)

日本国憲法
The Constitution of Japan
http://www.japaneselawtranslation.go.jp/law/detail/?printID=&ft=2&re=01&dn=1&yo=&x=19&y=13&kn%5B%5D=%E3%81%AB&ky=&page=5&vm=03  (2011/08/27確認)」
あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
憲法  (323)
参考資料
(Reference materials)
"The Constitution of Japan"(首相官邸サイト(英語版))
http://www.kantei.go.jp/foreign/constitution_and_government_of_japan/constitution_e.html
・国立国会図書館ホームページの電子展示会「日本国憲法の誕生」
http://www.ndl.go.jp/constitution/e/etc/c01.html
キーワード
(Keywords)
憲法-日本
英語-解釈
法情報
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
福島県立図書館
国立国会図書館
近畿大学中央図書館
備考
(Notes)
定番事例
2013/4にも同様な質問あり。

なお、オフィシャルな日本国憲法の英訳としては、次のものがあると思われる。

"The Constitution of Japan"(首相官邸サイト(英語版))
http://www.kantei.go.jp/foreign/constitution_and_government_of_japan/constitution_e.html

(プロセス)

(1)「省庁のホームページ上で公表されている法令等の外国語訳」(首相官邸)
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/sihou/kentoukai/kokusaika/hourei3/hourei3siryou2.pdf
によれば、
①和名:日本国憲法 は ②英語名:The Constitution of Japan で ③公表場所:官邸HP 
となっていたのを見つけた。

(2)首相官邸(英語版)
http://www.kantei.go.jp/foreign/index-e.html
の中の
"Governmental Framework"
http://www.kantei.go.jp/foreign/government_e.html

"Constitution and Government of Japan"

"The Constitution of Japan"
http://www.kantei.go.jp/foreign/constitution_and_government_of_japan/constitution_e.html
を見つけた。

(参考)
・新解説*世界憲法集 初宿正典/編 三省堂 2006.11
※この資料には、各国の憲法の日本語訳が入っている。
定番事例
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000037864解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!