このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000259021
提供館
(Library)
いわき市立いわき総合図書館 (2310140)管理番号
(Control number)
いわき総合-地域599
事例作成日
(Creation date)
2019年07月15日登録日時
(Registration date)
2019年07月25日 08時56分更新日時
(Last update)
2019年07月25日 15時12分
質問
(Question)
いわき市郷ヶ丘の歴史について知りたい。できれば小学生でもわかるような資料がほしい。
回答
(Answer)
郷ヶ丘団地の歴史については、【資料①】『地名の変化にみる、いわきの近代化』(いわき総合図書館║編 いわき未来づくりセンター║発行 2008)P41、P84-88に記述がありました。これより、次のことがわかりました。

・開発前は、鹿島街道沿いの「ぐうじ山」(軍司山、空地山など表記はさまざま)南東域の丘陵地であった。
・民間(平南開発)による開発。
・昭和46(1971)年6月に、後の郷ヶ丘一丁目となる第一期分の分譲が開始。
・昭和47(1972)年3月に、後の郷ヶ丘二、三丁目となる第二期分が分譲開始。

小学生向けの資料としては、開発前と開発後の変化がよくわかる空中写真などの写真資料がおすすめです。
【資料②】『未来へつなぐ「いわき」ものがたり』(いわき市║発行 2016)P313には、昭和46年と平成26年の郷ヶ丘周辺を比較した空中写真がカラーで掲載されています。これを見ると、丘陵地だった場所を造成したことがよくわかると思います。

また、郷ヶ丘を通る「鹿島街道」(主要地方道小名浜平線)の歴史も併せて知ることで、さらに興味が深まると思います。
鹿島街道の歴史については、【資料③】いわき市公式ホームページ「いわきの今むがしVol.62 鹿島街道」 http://www.city.iwaki.lg.jp/www/contents/1484550911715/index.html (最終アクセス2019.7.20)に写真とともに解説されています。
昭和38年3月撮影の鹿島街道新設工事の写真や、昭和51年撮影の常磐上矢田町付近(郷ヶ丘入口)の写真などが掲載されています。
回答プロセス
(Answering process)
1.資料を調査
上記回答のとおり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 9版)
地方自治.地方行政  (318 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料①】『地名の変化にみる、いわきの近代化』[K/291/チ・1111966469]
【資料②】『未来へつなぐ「いわき」ものがたり』[K/318.2/イ・1114078494]
【資料③】Web「いわきの今むがしVol.62 鹿島街道」(いわき市公式ホームページ)
キーワード
(Keywords)
郷ヶ丘 さとがおか
住宅団地
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
小中学生 社会人
登録番号
(Registration number)
1000259021解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!