このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000227282
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M17090711487283
事例作成日
(Creation date)
2017/9/1登録日時
(Registration date)
2017年12月24日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年03月31日 00時30分
質問
(Question)
防犯ボランティアについて知りたい。
回答
(Answer)
①『地域の防犯』に安全・安心なまちづくりを行うために、警察だけではなく、市民が主体になって防犯活動を行うことは、地域の住人のコミュニティーを活性化することができ、みんなで一緒に行うことで犯罪を防ぐことに結びつくと書かれている。また、ボランティア組織の動かし方についての記述もある。
②『安全はこうして守る』の第4章に企業・NPOボランティアの現場からという内容で、各々の実践事例が掲載されている。
③『安心なまちに』第55巻第12号に次世代防犯ボランティアリーダー育成プログラム事業研修会の報告がある。内容は大学生など若手を中心とする世代に、高齢化が進む防犯ボランティア団体の次世代リ―ダーになってもらい、活動の活性化を図ること目的としており、具体的な研修内容についての記述がある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
行政  (317 9版)
参考資料
(Reference materials)
①樋村恭一・飯村治子『地域の防犯』 北大路書房,2007,vii,179p. 参照はp.13-25.、p.79-101
②小宮信夫『安全はこうして守る』 ぎょうせい,2007,vi,265p. 参照はp.211-262.
③「次世代防犯ボランティア育成プログラム事業研修会」『安心な街に』第55巻第8号,2016.8,p.18-19.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2017090711491287283
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000227282解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!