このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000113647
提供館
(Library)
横浜市中央図書館 (2210008)管理番号
(Control number)
横浜市中央2090
事例作成日
(Creation date)
2012/05/26登録日時
(Registration date)
2012年11月07日 02時04分更新日時
(Last update)
2012年11月17日 14時53分
質問
(Question)
武士階級と儒学との関係について、分かりやすい本はありますか。
回答
(Answer)
1 全体的にまとまっているものとしては、次の資料があります。

  『日本政治思想史 〔十七~十九世紀〕』渡辺浩/著 2010
  p.88~「第五章 魅力的な危険思想-儒学の摂取と軋轢」の中で
  儒学思想が武士に与えた影響について述べています。

2 儒学全体についてわかる資料、身分制度の誕生の側面から見た資料ものは、関連
  資料が多いため、参考に一部のみご紹介します。

 (1)『日本近世思想史序説(上)』岩崎允胤/著 新日本出版社 1997
   p.105~「第二章 日本儒学思想の成立と展開」

 (2)『江戸の思想3 儒教とは何か』ぺりかん社 1996

 (3)『徳川日本の思想形成と儒教』佐久間正/著 ぺりかん社 2007
   p.471~「第十章 職分論の形成とその性質」

 (4)『士農工商 儒教思想と官僚支配』植松忠博/著 同文館 1997
   p.40~「4 近世の士農工商論」

 (5)『学制百年史』(文部省 1981)が文部科学省のサイトで公開されています。
   「第一編 近代教育制度の創始と拡充」の「序章 幕末維新期の教育」
   「一 幕末期の教育」
    http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/html/others/detail/1317577.htm

   「近世社会における政治支配者の地位に就いた武士層は、儒教思想に立脚して
   支配者に必要とされる儒学の学識と教養(徳)を備えなければならないと考え、
   その学習施設を設けた。これが藩校である。」とあります。

  また、「横浜市立図書館蔵書検索」の詳細検索で「テーマ:儒学」として検索すると、
  儒学関連の資料が、「全項目:藩校」で検索をすると、藩校に関する資料がヒットします。

回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本思想  (121 8版)
政治学.政治思想  (311 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000113647解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!