このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000112957
提供館
(Library)
立命館大学図書館 (3310012)管理番号
(Control number)
K12-002
事例作成日
(Creation date)
2012年02月16日登録日時
(Registration date)
2012年10月25日 16時56分更新日時
(Last update)
2012年12月06日 18時58分
質問
(Question)
“For a lasting peace, for a people's democracy!”(1950年1月)に掲載されている英文記事を探している。記事の日本語のタイトルは「日本の情勢について」だが、原文タイトルを知りたい。
回答
(Answer)
“The Japanese Communisit movement 1920-1966” P60-61の本文と脚注の記述に下記の論文書誌情報が見つかった。
タイトル: "Concerning the Situation in Japan"
ページ: 3
発行日: 1950年1月6日
回答プロセス
(Answering process)
①調査している記事に関する記述が『日本共産党資料大成』 (黄土社書店、1951年)P393の「コミンフォルム機関紙の論評に関する決議」(1950年1月21日「アカハタ」第122号)にあり。この情報から記事は少なくとも1月21日までに掲載されたと推測でき、「同志野坂参三の自己批判を認める」という記述があった。

②利用者から下記の情報を頂いた:
『戦後日本共産党史』(三月書房、1958年7月15日)P56に1950年1月6日付のコミンフォルム機関紙『恒久平和と人民民主主義のために』に「オブザーバー」という筆名の「日本の情勢について」なる小論文をのせた、との記述あり。その機関紙が“For a lasting peace, for a people's democracy!”であることは、雨宮昭一著『占領と改革』(岩波新書 新赤版1048、2008年)P167の図で確認できる。

③原文タイトル、掲載ページを特定するため、Googleでキーワード: “For a lasting peace, for a people's democracy!”と Nosaka で検索すると、”The Japanese Communisit Movement 1920-1966”(University of California Press)がGoogle Booksでヒット(最終アクセス: 2012年10月25日)。P60-61の本文と脚注の記述に発行日とタイトル、掲載ページが見つかった。

④回答をお伝えし、利用者は記事の複写依頼を申し込まれた。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
政治学.政治思想  (311 9版)
政党.政治結社  (315 9版)
参考資料
(Reference materials)
『日本共産党資料大成』(黄土社書店、1951年)
『戦後日本共産党史』(三月書房、1958年7月15日)
キーワード
(Keywords)
共産主義
日本共産党
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌的事項調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
大学院生
登録番号
(Registration number)
1000112957解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!