このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000041825
提供館
(Library)
東京都立中央図書館 (2110013)管理番号
(Control number)
都立図事-2007005616
事例作成日
(Creation date)
2007/11/5 登録日時
(Registration date)
2008年02月14日 02時11分更新日時
(Last update)
2008年02月14日 02時11分
質問
(Question)
レゾリュート号およびアメリカ大統領執務室においてあるレゾリュートデスクに関する資料
回答
(Answer)
1 レゾリュート号について
北極探検、船に関する資料を調査したところ、まとまった資料ではないが、「リゾリュート号」の表記で、資料1に参考になる記述があった。また、下記のレゾリュートデスクに関する資料2にも記述があった。

資料1:この本はフランクリン北極探検隊の捜索について書かれている。p.5に「J.フランクリン隊の捜索活動(1847-59)」の表があり、そこに、艦船の名前として、「リゾリュート号」が2箇所に出てくる。第2番目の捜索隊として出てくるのが、指揮官「E.ベルチャー大佐」の箇所である。
巻末の索引の「ベルチャー,エドワード」の項より、本文を見ていくとp.120、131、189にリゾリュート号の顛末が記されている。(索引にはリゾリュート号の項はなし。)
p.190に図4-4として『パンチ』(1856年12月31日号)の「リゾリュート号の返還―兄弟国からの優雅な贈物」の図版が掲載されている。


2 レゾリュートデスクについて
都立DBで<ホワイトハウス>のキーワードで検索し、ヒットした資料を調査したところ、資料2に写真と短い解説があった。

資料2:巻頭口絵に「大統領執務室」の写真があり、デスクが写っている。また、「ヘイズ」時代の部分(p.84)にデスクの写真とともに、「1880年の終り頃、イギリスから机が送られてきた。・・・」とあり、11行のレゾリュート号の顛末と机に関する記述、p.135及びp.216の「執務室」の項目のなかで、各々2行の記述がある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
オセアニア.両極地方  (297 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】 極北の迷宮 : 北極探検とヴィクトリア朝文化 / 谷田博幸∥著 / 名古屋大学出版会 , 2000.11 /297.8/5001/2000
【資料2】 ファ-ストレディとインテリア : ホワイトハウス200年 / 戸室和子∥著 / 平凡社 , 1990.6 /5230/3014/90
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000041825解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!