このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000257822
提供館
(Library)
京都市図書館 (2210023)管理番号
(Control number)
右中ー郷土ー125
事例作成日
(Creation date)
2019年6月26日登録日時
(Registration date)
2019年06月26日 14時12分更新日時
(Last update)
2019年08月01日 15時30分
質問
(Question)
京都御所について,英語で案内するのに役立つ本はあるか。
回答
(Answer)
京都御所を英語で紹介した本に【資料1~8】があります。
【資料1・6・7】は本文が英語のみで,【資料2~5・8】は日本語が併記されています。

【資料3】には,京都御所をひと言で伝えるフレーズがあります。
【資料4】には,京都御所を初級レベルの英語でわかりやすく伝える文章があります。
【資料5】は,外国人向けのガイドブックで,京都御所について簡潔な案内文があります。
【資料1・4~7】には,京都御所の各建物についての説明があります。
 例えば,【資料1・4・6】には門について,【資料1・5・6】には紫宸殿(ししんでん)について説明があります。
【資料2】には,京都御所内の建物の変遷や,建物と庭の関係について説明があります。
回答プロセス
(Answering process)
●言語区分を“英語”に絞り,“京都 御所”で京都市図書館所蔵資料を検索・・・【資料1・2】
●“御所 英語”でレファレンス協同データベースを検索
 関連事例の参考資料を確認・・・【資料3・4】
●言語区分を“英語”に絞り,“Kyoto”で京都市図書館所蔵資料を検索・・・【資料5~7】
●“京都 本文は英語”,“京都 英文版”,“京都 英語版”,“京都 英文併記”で,それぞれ京都市図書館所蔵資料を検索・・・【資料8】
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本の建築  (521 9版)
造園  (629 9版)
日本  (291 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『houses and gardens of kyoto』(トーマス・ダニエル/著,関 昭彦/写真 チャールズ・イー・タトル出版 2018)p36~41“Kyoto Imperial Palace”
【資料2】】『天上の庭』(二川 由夫/撮影,隈 研吾/文 エーディーエー・エディタ・トーキョー 2017)p218~277“京都御所”
【資料3】『英語で京都を案内できますか?』(アスコム 2011)p122~123“60 京都御所”
【資料4】『英語で案内する京都・奈良』(向井 京子,ナヴィインターナショナル/著 2010)p56~57“京都御所(京都御苑)”
【資料5】『The Greatest Travel Tips KYOTO』(JTBパブリッシング 2016)p34~35“Kyoto Imperial Palace”
【資料6】『The Little Book of Kyoto』(ベン・シモンズ/著 チャールズ・イー・タトル出版 2018)p52~55“Kyoto’s Imperial Palace”
【資料7】『Kyoto 29 Walks in Japan's Ancient Capital』(ジョン・H.マーティン,フィリス・G.マーティン/著 チャールズ・イー・タトル出版 2011)p162~175“Walking Tour 13 KYOTO’S IMPERIAL PALACE”
【資料8】『Walking KYOTO』(辻本 洋太朗/絵・文 まむかいブックスギャラリー 2016)p10“Kyoto Imperial Palace and Mt.Daimonji【京都御苑と大文字山】”
キーワード
(Keywords)
京都御所
京都御苑
観光案内
Kyoto
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000257822解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!