このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000259188
提供館
(Library)
岐阜県図書館 (2110001)管理番号
(Control number)
岐県図-2482
事例作成日
(Creation date)
2019年05月10日登録日時
(Registration date)
2019年07月27日 10時16分更新日時
(Last update)
2019年08月07日 11時53分
質問
(Question)
明智光秀の生存伝説について、現在の山県市に落ち延びた、僧天海となったとする伝説があるが、それについて触れた図書・論文がないか。
回答
(Answer)
明智光秀の山崎合戦後の生存説については、以下の資料で紹介されている。なお、論文の体裁をとった資料は見つけられなかった。

1 『「異説」日本人物事典』(三省堂,1983年)
… p.31~p.35に明智光秀に関する項目があり、両方の説を紹介している。出典について、山県市説は江戸時代中期の随筆『翁草』に記されていることを挙げている(下記2)。また天海説については「明智滝朗(明治19年生まれ)などの説くところを整理」したとしている。
 
2 『翁草』(神沢貞幹著 安永5年(1776)序文 歴史図書社,1970年刊の翻刻版を参照)
… 巻122「雑話」に、明智光秀が「濃州中洞仏光山西洞寺」に隠れたことが記されている(翻刻版3巻p.1880)。

3『光秀行状記』(明智滝朗著 中部経済新聞社,1966年刊)
… p.267~285まで、天海説について触れられている。

 なお、天海説については大正時代に刊行された天海の伝記『大僧正天海』(須藤光輝著 冨山房,1916年刊)でも「奇説」として否定的に触れられており(p.595~596)、明智滝朗氏の著作より前からあった説らしい。

また、山県市説については、現山県市中洞ではなく洞戸村(現関市洞戸)の話として記載されている資料もある。
4 『美濃雑事紀』(成立年代不明(江戸後期か)『美濃明細記』との合冊復刻版(大衆書房,1969年刊)を参照)… p.671に「洞戸村の光秀裔」として記載がある。
回答プロセス
(Answering process)
レファレンス協同データベースに類似事例があったので、それを参考に当館の所蔵資料をあたる。
・明智光秀は捕らえられず、後に「天海僧正」(日光東照宮建立の中心人物で、百歳を超える長生き)となったという説があるが、八切止夫の作品がその説の最初か
http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000000249  (2019年7月確認)

・山崎の合戦で亡くなったのは明智光秀ではなく、影武者の荒木山城守行信であったという話があるが、史実なのか。
http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000000249  (2019年7月確認)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土 人物
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000259188解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!