このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000255961
提供館
(Library)
岐阜県図書館 (2110001)管理番号
(Control number)
岐県図-2470
事例作成日
(Creation date)
2019年04月18日登録日時
(Registration date)
2019年05月11日 16時30分更新日時
(Last update)
2019年08月07日 11時53分
質問
(Question)
可児才蔵について調べている。参考となる書籍等はないか。
回答
(Answer)
下記の文献を紹介。

1 『御嵩町史 通史編』で紹介されている資料の所蔵を調べる。(質問者のもよりの公共図書館にもあり)
・「大寺記(坤)」(『御嵩町史 史料編』(御嵩町,1987年刊)に収録) … p.846~847に『同 通史編』の記載にに対応する原文が載っている。
・『可児町史 通史編』(可児町,1980年刊) … p.213~214に「可児才蔵」の項目がある。

2 下記の資料に可児才蔵(可児吉長)の逸話が掲載されている。
・『常山紀談』(湯浅常山著 原本は元文4年(1736年)成立 『定本常山紀談 上』(新人物往来社,1979年刊)を参照)
… 巻之十一に「可児才蔵が事」として掲載。(p.372)

・『名将言行録』(岡谷繁実編 原本は明治2年(1869年)成立) 『定本名将言行録 中』(人物往来社,1967年刊を参照)
… 巻之三十四に「可児吉長」として掲載。(p.299~304) 

・『石川県史 第2編』(石川県,1939年刊)
… p.66~70に可児才蔵の逸話と、可児才蔵が記したとされる「誓文日記」(末森城の戦いから関ヶ原の合戦までの記録)が収録されている。

3 国立国会図書館デジタルコレクションで『常山紀談』、『名将言行録』は閲覧できる。
・『常山紀談』(有朋堂,1912年刊): http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1078984/194
・『名将言行録 4』(岩波書店,1943年刊): http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1043027/119

4 『石川県史』については、石川県立図書館がインターネット公開しているもの閲覧できる。
・[石川県史 第2編』: https://trc-adeac.trc.co.jp/Html/ImageView/1700105100/1700105100100020/Chapter2/?pagecode=18

5 広島県立図書館のレファレンス事例あり。
「可児才蔵に関する文献を探している。福島正則の家臣だった。」
http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000068131
回答プロセス
(Answering process)
1 質問者が閲覧済みの『御嵩町史 通史編上』を参照し、出典や参考資料を調査。

2 戦国武将の逸話が多く記されている『常山紀談』、『名将言行録』に章が立てられていないかを調査。

3 2を調べる過程で、石川県史に記載があることが分かり、所蔵の県史を参照。

4 ウェブ公開されている資料がないか調査。
事前調査事項
(Preliminary research)
『御嵩町史 通史編 上』は確認済み。
NDC
個人伝記  (289 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
織豊-江戸時代前期の武将。天文23年生まれ。前田利家,のち福島正則につかえる。関ケ原の戦いで葉竹を背標に功をたて,「笹の才蔵」と称された。慶長18年6月24日死去。60歳。美濃(図書館注:可児郡とされる)出身。名は吉長。(『講談社日本人名大辞典』より)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000255961解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!