このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000177845
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2015-031
事例作成日
(Creation date)
2014/09/27登録日時
(Registration date)
2015年07月29日 14時12分更新日時
(Last update)
2015年10月02日 14時01分
質問
(Question)
南スラヴ人の統合構造についてわかる資料が見たい。
回答
(Answer)
次の資料を紹介した。
『世界歴史大事典 19』(教育出版センター 1986)
 p268「ユーゴスラヴィア」の項に以下の記述あり。
 「セルビア・クロアチア・ボスニア=ヘルツェゴビナ・スロヴェニア・マケドニア・モンテネグロという高度の自治権を持つ6共和国によって構成され、(後略)」
 「主要民族は、いずれも南スラヴ族であるセルビア人・クロアチア人・スロヴェニア人・マケドニア人・モンテネグロ人であるが、モンテネグロ人は客観的要素はセルビア人と同じである。」
 「南スラヴ諸族は6世紀に南下してきて、9世紀ごろまでに現在のそれぞれの地域に定住した。」
『ユーゴスラヴィア史 文庫クセジュ』(マルセル・ドゥ・ヴォス著 山本俊朗訳 白水社 1973)
 p61-114「第二部 消滅と希望の五世紀間」
 p69-「第二章 南スラヴ人の目ざめ(十九世紀前半)」
 p97-「第三章 自由を求めて(十九世紀後半)」
 p115-「第三部 現代のユーゴスラヴィア」
 p115-「南スラヴ諸国の統合」
 19世紀末のクロアティア・セルビアの動きからコルフ宣言を経て、ユーゴスラヴィアができるまでの記述あり。
『ユーゴスラヴィア史』(スティーヴン・クリソルド編 田中一生〔ほか〕共訳 恒文社 1980)
 ユーゴスラヴィア国家の成立以前の南スラヴ諸国である「スロヴェニア」「クロアチア」「ダルマチア」「ボスニアとヘルツェゴビナ」「ツルナゴーラ」「セルビア」について各章毎に記述あり。
 p164-189「第九章 ユーゴスラヴィア国家の成立」
『図説ハプスブルグ帝国衰亡史 千年王国の光と影』(アラン・スケッド著 鈴木淑美訳 原書房 1996)
 p234-ハプスブルグ帝国時代衰退期(1867-)の南スラブの状況の記述あり。
回答プロセス
(Answering process)
『世界歴史大事典 21 総索引』(教育出版センター 1986)項目に「南スラヴ族」あり。〈ユーゴスラヴィア〉の項に導かれる。
《ウィキペディア》〈ユーゴスラビア〉の項
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%82%B4%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%93%E3%82%A2  ウィキメディア財団 2014/09/20最終確認)
「ユーゴスラビアは「南スラブ人の土地」を意味し、南スラヴ人の独立と統一を求めるユーゴスラヴ運動に由来している。」とあり。
ユーゴスラヴィアに関する資料を確認する。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
バルカン諸国  (239 9版)
参考資料
(Reference materials)
『世界歴史大事典 19』(教育出版センター 1986)
『ユーゴスラヴィア史 文庫クセジュ』(マルセル・ドゥ・ヴォス著 白水社 1973)
『ユーゴスラヴィア史』(スティーヴン・クリソルド編 恒文社 1980)
『図説ハプスブルグ帝国衰亡史 千年王国の光と影』(アラン・スケッド著 原書房 1996), ISBN 4-562-02776-2
キーワード
(Keywords)
ユーゴスラビア-歴史
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
地名
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000177845解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!