このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000189241
提供館
(Library)
町田市立中央図書館 (2310058)管理番号
(Control number)
町田-105
事例作成日
(Creation date)
2005/04/06登録日時
(Registration date)
2016年03月14日 00時30分更新日時
(Last update)
2016年03月14日 00時30分
質問
(Question)
フィリピンのマニラの語源となったニラ(タガログ語 nira)の木(R290.3『外国地名由来辞典』より)が、どんなものか知りたい。
回答
(Answer)
『マニラ都市の歴史』p.13~14 説明と図があるが、図はあまりよくない。
『物語 マニラの歴史』p.7~8に「マイ・ニーラ」→「ニーラッド」の説明と学術名あり。
『植物レファレンス事典』で、学名で引くと、「ウミマサキ」というアカネ科の低木、マングローブ植物とわかる。
『マングローブ入門』p.217~218に和名「ウミマサキ」の解説・図版あり。
回答プロセス
(Answering process)
植物図鑑でニラの木を調べてもよくわからないので、マニラについての資料をあたってみる。
『マニラ 都市の歴史』p.13~14に「マイニラ」→「ニラッドの木」の説明と図があるが、図が少し暗い。
『物語 マニラの歴史』p.7~8に「マイ・ニーラ」→「ニーラッド」の説明と学術名あり。
『植物レファレンス事典』で、学名で引くと、「ウミマサキ」というアカネ科の低木、マングローブ植物とわかるが、掲載図鑑『図説熱帯植物集成』広川書店(1969)は当館に所蔵がなく、確認できず。
「ウミマサキ」で、インターネット等調べた結果、
『マングローブ入門』p.217~218に説明と図があった。
他にマングローブの本などいくつか見たが、出てこなかった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
アジア史.東洋史  (220 8版)
植物学  (470 8版)
参考資料
(Reference materials)
マングローブ入門中村 武久/著めこん
マニラ都市の歴史ラモン・マリア・サラゴーサ/著学芸出版社
物語*マニラの歴史ニック・ホアキン/著明石書店
外国地名由来辞典本保 正紀/著能登印刷出版部
キーワード
(Keywords)
マニラ(マニラ)
ニラッド(ニラッド)
ウミマサキ(ウミマサキ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000189241解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!