このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000032178
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M06051813352439
事例作成日
(Creation date)
2006/04/23登録日時
(Registration date)
2006年12月08日 02時11分更新日時
(Last update)
2019年03月31日 00時30分
質問
(Question)
昭王と穆王についての時代背景がわかる資料は何か。
回答
(Answer)
『東洋人物レファレンス事典』(日外アソシエーツ)により、昭王[ショウオウ]は西周第4代の王、穆王[ボクオウ]が昭王の子で周の第5代の王であることがわかる。また、『アジア歴史事典』(平凡社)の昭王と穆王の項には、それぞれ時代背景と参考文献として「史記」の「周本紀」が挙げられており、『新釈漢文大系38』(明治書院)に収録されている。さらに、穆王の参考文献には、内藤虎次郎「支那上古史」が挙げられ、『内藤湖南全集 第10巻』(筑摩書房)に収録されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
中国  (222 9版)
参考資料
(Reference materials)
日外アソシエーツ編『東洋人物レファレンス事典』東京 日外アソシエーツ,1984,664p.参照はp265,p523-4. 『アジア歴史事典 第4巻』東京 平凡社,1960,458p.参照はp363. 『アジア歴史事典 第8巻』東京 平凡社,1961,440p.参照はp282-3. 吉田賢抗著『新釈漢文体系 第38巻』東京 明治書院,1973,420p. 内藤虎次郎著『内藤湖南全集 第10巻』東京 筑摩書房,1969,531p.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2006051813331252439
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢, 高校生, 中学生
登録番号
(Registration number)
1000032178解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!