このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000233553
提供館
(Library)
茨城県立図書館 (2110017)管理番号
(Control number)
茨城-2017-236
事例作成日
(Creation date)
2018/02/16登録日時
(Registration date)
2018年03月29日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年05月09日 14時42分
質問
(Question)
徳川斉昭の時代に,水戸藩が松前藩へ借地願を送ったらしいのだが,その文書はあるか。できれば原本が見たい。
回答
(Answer)
1 『松前藩』の確認より
 ご覧になられたのは,p.146の「徳川斉昭が直接松前藩に西蝦夷地・カラフトの借用を申し込んで来たり」という部分ではないかと思われます。
 巻末の主要参考文献の欄を確認したところ,水戸藩関係の資料はなく,松前藩関係の資料が主になっています。

2 『水戸市史 中巻4』・『那珂湊市史料 第3集』を確認
(1) 『水戸市史 中巻4』(水戸市史編さん委員会/編,水戸市役所,1982)
第20章 安政の改革-第9節 蝦夷地開拓
p.783
「天保十四年(一八四三)八月、水戸藩では領分大津浜(北茨城市)の鈴木平七の内願に依り、蝦夷地の場所借用につき松前藩に交渉することとなった。」

この部分に関する注 p.793
「「那珂湊市史料」第三集 解説、「天保十四年卯八月松前御用留」(水戸藩蝦夷地場所借受懸合一件留、市立函館図書館所蔵)に依る詳しい解説であるから、これに依る。その外「北海道史」二参照。」

(2) 『那珂湊市史料 第3集』(那珂湊市史編さん委員会/編,那珂湊市,1978)
p.33
 翻刻収録されている「安政五年生田目氏日記」(市立函館図書館所蔵)の解説の中で,市立函館図書館所蔵の「天保十四年卯八月松前御用留」(水戸藩蝦夷地場所借受懸合一件留)について説明がありますが,「天保十四年卯八月松前御用留」そのものは収録されていません。

 以上より,『北海道史』をご確認いただくか,市立函館図書館にご相談された方がよいかと存じます。
回答プロセス
(Answering process)
(1) 出典を確認

(2) 『水戸市史 中巻4』を確認→出典を確認
・『那珂市史料 第3集』→出典:市立函館図書館所蔵「天保十四年卯八月松前御用留」(水戸藩蝦夷地場所借受懸合一件留)
・「北海道史」二→所蔵なし

(3) 『水戸藩史料 別記上』の「蝦夷開拓の議」,『史籍雑纂 第5』の「不慍録」→朝廷との関係
事前調査事項
(Preliminary research)
『松前藩』の中に記述があった。(ページは不明)
NDC
北海道地方  (211 9版)
関東地方  (213 9版)
参考資料
(Reference materials)
松前藩濱口 裕介/著現代書館
水戸市史中巻4水戸市史編さん委員会/編水戸市役所
那珂湊市史料第3集那珂湊市史編さん委員会/編那珂湊市
キーワード
(Keywords)
水戸藩(ミトハン)
松前藩(マツマエハン)
蝦夷地(エゾチ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌的事項調査
内容種別
(Type of subject)
郷土,人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000233553解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!