このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000088280
提供館
(Library)
釧路市中央図書館 (2310212)管理番号
(Control number)
M0039
事例作成日
(Creation date)
2008年09月28日登録日時
(Registration date)
2011年07月10日 08時54分更新日時
(Last update)
2016年01月15日 17時33分
質問
(Question)
むかし千島も支庁の一つだったはずだが、それが「千島支庁」という名前だったか知りたい。
また、支庁があった場所も知りたい。
回答
(Answer)
明治30年には択捉島の紗那に”紗那支庁”が設置されたが、明治36年には廃され根室支庁に併せられた。
調査の結果”千島支庁”は確認できなかったが、明治時代に”紗那支庁”が千島に存在したことがわかった。
回答プロセス
(Answering process)
支庁は北海道の行政区域なので、『新北海道史』(北海道/編.北海道.1981.)で”千島支庁”についての記載がないか探したが、見つからなかった。
次に”北海道”、”行政”で資料検索したところ、『北海道市町村行政区画便覧 平成18年4月1日現在』(北海道自治協会/編.北海道自治協会.1961.)があった。『北海道市町村行政区画便覧』でも”千島支庁”は見つからなかったが、p.324の「附録5 開拓使以降の行政の沿革概要」、p.333の「附録 行政機構の変遷一覧表」、p.314の「附録 支庁行政区画」 根室支庁の沿革には”紗那支庁”の記載がある。千島国五郡(色丹郡、国後郡、択捉郡、紗那郡、蕊取郡)も開拓使の管轄で、明治30年には択捉島の紗那に”紗那支庁”が設置されたが、明治36年には廃され根室支庁に併せられた。
調査の結果”千島支庁”は確認できなかったが、明治時代に”紗那支庁”が千島に存在したことがわかった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
北海道地方  (211 9版)
地方自治.地方行政  (318 9版)
参考資料
(Reference materials)
『北海道市町村行政区画便覧 平成18年4月1日現在』.北海道自治協会/編.
北海道自治協会.1961.p.314,p.324,p.333. (K318.01/H 資料コード:214773271)
キーワード
(Keywords)
根室支庁
千島
北方領土
紗那支庁
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000088280解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!