このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000260153
提供館
(Library)
沖縄県立図書館 (2110045)管理番号
(Control number)
1002960
事例作成日
(Creation date)
20170719登録日時
(Registration date)
2019年08月14日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年08月14日 15時10分
質問
(Question)
沖縄から海外へ移民をする予定の人が、どこで研修や説明などを受けたのか、施設の場所を知りたい。
回答
(Answer)

『沖縄県史 各論編5 近代』(沖縄県文化振興会史料編集室∥編、 沖縄県教育委員会//刊、2011.2)
p458
「開洋会館 注51 那覇市若狭にあり、海外移住者の出発前の訓練、宿泊等を目的に使用された」、「開洋会館に収容されて猛特訓を受けた跡、浮島丸で茨城県内原訓練所に送られた。」との記述がある。


【開洋会館について】

『「国民国家」日本と移民の軌跡』(小林茂子著、学文社//刊、2010.3)
p125-132「第1節 開洋会館の設立とその役割」に、開洋会館の会館のいきさつと、研修日程などの掲載がある。


『海外教育 第6号』(沖縄県高等学校海外教育研究協議会//編・刊、1977.6)
p11-39『第二次世界大戦前の沖縄県における海外移民教育について』(石川友紀)
 p21 「(2)開洋会館の設立」の項目に、「1934年(昭和9年)6月11日官民約300人を集めて盛大に落成式を行なった。」と、「位置:那覇市若狭2丁目22番地」の記述がある。
 p22「ブラジル移民等に対しては開洋会館において、1936年(昭和11年)10月以後に約1ヵ月間の長期訓練も行なわれるようになった」との記述がある。


『写真集那覇百年のあゆみ』
p84,p126-127、135に外観の写真がある。


『那覇市史 通史篇 第2巻 近代史』 (那覇市企画部市史編集室∥編、那覇市役所、1974.3)
p662 開洋会館の写真の掲載がある。

【内原訓練所について】

『満蒙開拓青少年義勇軍の旅路 光と闇の満洲』 (旅の文化研究所?編、森話社、2016.4)
→ 該当記述がある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
歴史  (2)
参考資料
(Reference materials)
沖縄県史 各論編5 沖縄県文化振興会史料編集室/編集 沖縄県教育委員会 2011.2 (p458)
「国民国家」日本と移民の軌跡 小林 茂子/著 学文社 2010.3, ISBN 4-7620-1985-2 (p125-132)
海外教育 第6号 沖縄県高等学校海外教育研究協議会/編 沖縄県高等学校海外教育研究協議会 1977.6 (p11-39)
那覇百年のあゆみ 那覇市企画部市史編集室/編 那覇市 1980.3 (p84、126-127、135)
那覇市史 通史篇 第2巻 那覇市企画部市史編集室/編 那覇市役所 1974.3 (p662)
満蒙開拓青少年義勇軍の旅路 旅の文化研究所/編 森話社 2016.4, ISBN 4-86405-094-4
那覇市史 資料篇 第3巻5 那覇市市民文化部歴史資料室/編集 那覇市 2005.12
沖縄海洋発展史 安里 延/著 沖縄縣海外協會 1967.8
キーワード
(Keywords)
移民
開洋会館
内原訓練所
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000260153解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!