このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000259875
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
6001038779
事例作成日
(Creation date)
2019/05/28登録日時
(Registration date)
2019年08月07日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年08月09日 00時30分
質問
(Question)
中世、多くの日本の商人・僧侶などが琉球に渡り、定住したと聞いた。中でも堺出身の「喜安」についてどんな人物か知りたい。
回答
(Answer)
「喜安」について調査した結果、次のようなことがわかった。

喜安(名は蕃元)は1566年に堺に生まれた僧侶で、1653年に死んだとされている。慶長5年(1600年)35歳の時に琉球に渡り、尚寧王に茶道をもって仕え、島津の琉球入りについて、当時の状況を伝える貴重な資料の一つである『喜安日記』を著している。琉球に渡る前の経歴については不明だが、幼い頃、父親が占ってもらったところ、本国では成功しないが、成長して南国へいくならば一生栄華に暮らせるだろうと言われた、との逸話がある。ただし、何の目的で琉球に渡ったかについては、明らかにされていない。

調査にあたっては、以下の資料を参考にした。

・『世界大百科事典 6 カヘナ-キス』(平凡社 2007.9)p.535
・『朝日日本歴史人物事典』(朝日新聞社/編 朝日新聞社 1994.11)p.509
・『那覇市史 資料篇第1巻2』(総務部市史編集室/編 那覇市役所 1970.6)p.39-45
・『近世沖縄の肖像 上 文学者・芸能者列伝 おきなわ文庫』(池宮正治/著 ひるぎ社 1988)p.12-19
・『講座・比較文化 第1巻 日本列島の文化史』(伊東俊太郎/ [ほか]編 研究社出版 1976)p.110-111
・『沖縄から芸術を考える 芸術文化学叢書』(沖縄県立芸術大学大学院芸術文化学研究科/編 榕樹書林 1998.3)p.172-178
・『池宮正治著作選集 3 琉球史文化論』(池宮正治/著 笠間書院 2015.2)p.383-393
・『球陽』(鄭秉哲[等]/編 桑江克英訳註 三一書房 1971)p.444


また、『喜安日記』は国立国会図書館のホームページで公開されている。
・『喜安日記』(国立国会図書館デジタルコレクション)(2019/5/28現在)
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1144763

[事例作成日:2019年5月28日]
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (281 10版)
参考資料
(Reference materials)
世界大百科事典 6 改訂新版 平凡社 2007.9 (535)
朝日日本歴史人物事典 朝日新聞社∥編 朝日新聞社 1994.11 (509)
那覇市史 資料篇第1巻2 総務部市史編集室∥編集 那覇市役所 1970.6 (39-45)
近世沖縄の肖像 上 池宮/正治∥著 ひるぎ社 1988 (12-19)
講座・比較文化 第1巻 伊東/俊太郎∥[ほか]編 研究社出版 1976 (110-111)
沖縄から芸術を考える 沖縄県立芸術大学大学院芸術文化学研究科∥編 榕樹書林 1998.3 (172-178)
池宮正治著作選集 3 池宮/正治‖著 笠間書院 2015.2 (383-393)
球陽 鄭秉哲[等]編 桑江克英訳註 三一書房 1971 (444)
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1144763  (『喜安日記』(国立国会図書館デジタルコレクション)(2019/5/28現在))
キーワード
(Keywords)
喜安(キアン)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
大阪,人物・団体
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000259875解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!