このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000140795
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2013-071
事例作成日
(Creation date)
2013年06月28日登録日時
(Registration date)
2013年11月20日 14時29分更新日時
(Last update)
2014年02月04日 12時12分
質問
(Question)
「嘘の見抜き方」(若狭勝著 新潮社 2013)p139に、仏法説話の「金のかま」という話が載っているが、「金の」の読みは「きんの」なのか「かねの」なのかが知りたい。また、「かま」の漢字はどの字を当てるのか知りたい。この話が掲載されている資料があれば、併せて知りたい。
回答
(Answer)
以下の資料から「きんの釜」と思われる。掲載資料は以下のとおり。

『仏教説話大系 10 比喩と因縁』(すずき出版 1982)
 p14-15に「金のかま」という題名で収録。出典は「旧雑譬喩経(くぞうひゆきょう)三六話」とあり。
 文中に「その寺には金で作られたかまがあった。」「そして高価な金のかまを見つけた。」という記述があるので、「きんの」であると思われる。ただし、ルビはなし。

『大正新修大蔵経 4 本縁部』(大正一切経刊行会 1924)
 p516の「旧雑譬喩経 巻下 36」を見ると、特に題名はないが「昔仏寺中有金釜」で始まる漢文が掲載されている。「金の」にあたる部分にルビはないが、「かま」は「釜」となっている。
回答プロセス
(Answering process)
NDC分類〈184〉の資料をみる
『仏教説話大系 〔別冊 1〕 読書の手引き』(すずき出版 1982)
 p45から、「10巻 比喩と因縁(二)」14ページに収録されていることが分かる。 

自館目録を全項目〈旧雑譬喩経〉で検索し、『仏教説話大系』の典拠史料である「旧雑譬喩経」を探すと以下の情報が該当した。
「壺の中の女 呉天竺三蔵康僧会旧雑譬喩経全訳」(康僧会〔原訳〕 西村正身訳 渓水社 2013 未所蔵)
 出版者のウェブサイトによれば「「旧雑譬喩経」全61話日本語初翻訳」で、目次の中に「金の釜を盗もうとした男」があり。( http://www.keisui.co.jp/cgi/kensaku.cgi?isbn=ISBN978-4-86327-214-9  渓水社 2014/02/04最終確認)

《国会図サーチ》で〈旧雑譬喩経〉を検索する。
『大正新修大蔵経 4 本縁部』が該当し所蔵資料を確認する。( http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I017817142-00  国会図 2013/11/18最終確認)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
法話.説教集  (184 9版)
参考資料
(Reference materials)
『仏教説話大系 10 比喩と因縁』(すずき出版 1982)
『大正新修大蔵経 4 本縁部』(大正一切経刊行会 1924)
キーワード
(Keywords)
金のかま
旧雑譬喩経
仏教説話
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 書誌的事項調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000140795解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!