このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000252110
提供館
(Library)
宮城県図書館 (2110032)管理番号
(Control number)
MYG-REF-180084
事例作成日
(Creation date)
2017/02/07登録日時
(Registration date)
2019年02月25日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年02月25日 00時30分
質問
(Question)
五木寛之の著作の中に,人の一生を四つに区切って「~期」と呼ぶ言い方について書かれているようだが,それが知りたい。
回答
(Answer)
以下の資料に記載がありました。※【 】内は当館請求記号です。

資料1 五木寛之『林住期』幻冬舎, 2007【914.6/イヒ072】
エピグラフ(書物の巻頭などに置かれる短文のこと。題辞。)
「古代インドでは,人生を四つの時期に分けて考えたという。「学生期」,「家住期」,そして,「林住期」と「遊行期」。「林住期」とは,社会人としての務めを終えたあと,すべての人が迎える,もっとも輝かしい「第三の人生」のことである。」
pp.9-20「人生の黄金期を求めて」の項に,上記エピグラフにある四つの時期について詳しい記述があります。

資料2 本田剛彦『林住期の途中』北の杜編集工房, 2008【914.6/ホタ085】
p.3 「(前略)作家五木寛之氏が書いた本「林住期」(幻冬社刊)を読んだのである。その著書から引用すると、古代インドでは人生を四つの時期に分ける「四住期」という考え方があった。すなわち、「学生期(がくしょうき)、二十五歳まで」、「家住期(かじゅうき)、五十歳まで」、「林住期(りんじゅうき)、七十五歳まで」、「遊行期(ゆぎょうき)、七十六歳以上死ぬまで」と区切っている。(後略)」

資料3 富士谷あつ子, 岡本民夫 編著『長寿社会を拓く』ミネルヴァ書房, 2006【367.7/064】
pp.180-182 「紀元前後の頃,インドではすでに「四住期」という人生観が知られていた。(中略)第一は「学生期」(中略)第二が「家住期」(中略)第三の「林住期」(中略)第四の「遊行期」(後略)」

資料4 田上太秀『ブッダの人生哲学』講談社, 2002【181/シヤ022】
p.155 「たとえばインドでは輪廻思想が盛んになると(中略)人生を四つの段階に区切った生活パターンを理想的人生と考えるようになった。四つの段階とは学生期、家庭期、林住期、遊行期である。これを四住期と言う。(後略)」
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
仏教教理.仏教哲学  (181 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
ヒンドゥー教
バラモン教
アーシュラマ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000252110解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!