このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000029245
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2002-015
事例作成日
(Creation date)
2002/05/09登録日時
(Registration date)
2006年06月29日 02時11分更新日時
(Last update)
2007年09月27日 10時35分
質問
(Question)
犀角経という経典の読み下し文を探している。おそらく小乗仏教の経典と思われる。
回答
(Answer)
〈犀角経〉という言葉は使われていないが、『ブッダのことば スッタニパータ』の「第1 蛇の章」に「犀の角」あり。
〈犀角経〉収載の「南伝大蔵経 24」(大正新脩大蔵経刊行会 1979:国会・都立中央ほか)とともに提供する。
回答プロセス
(Answering process)
『日本仏教典籍大事典』『仏像仏典解説事典』『仏書解説大辞典』『望月仏教大辞典』等、及び自館目録に〈犀角経〉なし。
《Google》で検索すると、「朝日新聞 2001.10.10」掲載の杉本苑子の文章あり。記事で確認すると、犀角経の一節を紹介して、小乗の教えではなかろうかと書いている。また、その記事にあった犀角経の一節〈犀の角の如く〉を検索すると、「釈迦の言葉で、禅宗に受け継がれた」との記述あり。
『禅学大辞典』(新版)で〈犀角〉を引くと、「犀角一星蟾影透…」(出典「宏智録 8」)という詩句が見られるが、質問とは異なるように思われる。『ブッダのことば -スッタニパータ』を見ると、「第1 蛇の章」の「犀の角」に新聞記事と同様の詩句があり、日本語訳である。「スッタニパータ」は、解説によれば「仏教の多数の諸聖典のうちで最も古く、ブッダの言葉に最も近い詩句を集成した聖典」とのこと。ただし〈犀角経〉の語は見あたらない。
『仏教経典の世界 総解説』(改訂版)によると、〈犀角経〉は「南伝大蔵経 24」(大正新脩大蔵経刊行会 1979:国会・都立中央ほか)所収、この資料を取り寄せる。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
経典  (183 9版)
仏教教理.仏教哲学  (181 9版)
参考資料
(Reference materials)
『ブッダのことば スッタニパータ』
「南伝大蔵経 24」(大正新脩大蔵経刊行会 1979)
キーワード
(Keywords)
仏典
仏教
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000029245解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!