このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000248586
提供館
(Library)
千葉県立中央図書館 (2120001)管理番号
(Control number)
千県中参考-2018-10
事例作成日
(Creation date)
2018年08月31日登録日時
(Registration date)
2018年12月16日 16時49分更新日時
(Last update)
2018年12月18日 10時56分
質問
(Question)
英語文献にあった「qian chang」とは何か。
中国の紙の冥銭のことで、「過小年」に、竈神の姿絵や藁とともにこの冥銭を燃やして、竈神を天へ送り出す儀式を行う習慣があったらしい。
回答
(Answer)
以下の資料の記述から、「qian chang」の漢字表記は「千張」または「千章」である可能性があります。
【資料1】『燕京歳時記 北京年中行事記』(敦崇著 平凡社 1967)
p227「祭竈」に「祭がおわって後、神像をとり外して、千張や元宝をひとまとめに焚く」という表現があります。
p155 中秋の「月光馬児」には「祭祀が畢ると〔その前に供した〕千張(チェンジャン)や元宝(ユアンパオ)などとひとまとめに焚いてしまう」という記述があり、「阡張とは紙を剪って条となしたものであって、用途は冥銭と同じである」とする明の文献を引用しています。訳注には「阡張とは千張紙ともいい、わが国の御幣の小さなものに似た形をし、紙は黄色を用いる」とあります。
なお、本文の振り仮名(引用文で()で記した部分)は「片仮名を用いたものは中国語の発音を示さんとした」もので、不正確だが便宜主義に基づいたものだと巻頭の例言に記載がありました(p1)。

【資料2】『中国語大辞典 下 M-ZUO』(大東文化大学中国語大辞典編纂室編 角川書店 1994)p2406
「千張」(qiānzhāng)「①=‘千章(ㄦ)②’ ②ゆばに似た食べ物」とありました。
「千章」(qiānzhāng)の②に「神に祭るときに用いる車やウマの形を押した紙;年末に多くかまどの神を天に送るのに用いる」とあります。
回答プロセス
(Answering process)
・ヒントを得るため、wikipedia「冥銭」( https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%A5%E9%8A%AD )を閲覧。
「中国、台湾、韓国、ベトナム、琉球の道教や仏教などにおいては、紙幣を模した冥銭(紙銭と呼ばれる)が用いられている。」
→googleで「ピンイン 変換」と検索し、使えるサイトを探しました。JCinfo.net「中国語ピンイン変換ツール」( https://www.jcinfo.net/ja/tools/pinyin )等が利用できました。
「紙銭」のピンインは「zhǐqián」で、お探しの単語とは一致しませんでした。【資料2】で意味を確認すると、「紙などでお金の形に作ったもので、四角い穴があいていて、死者のために焼く。スズ箔紙や金箔紙のものは「紙■(簡体字の金偏に果)」という」(p4009)とありました。

・道教(NDC166)関係の書架を確認して、辞典類から基本事項を確認しました。
『「道教」の大事典 道教の世界を読む』(坂出祥伸責任編集 新人物往来社 1994) 索引「竈神節(そうしんせつ)」より、p353-354。
『道教事典』(野口 鉄郎[ほか]編集 平河出版社 1994)p343「竈神(そうしん)」

・件名「道教」で県立図書館の蔵書を検索。
『道教の神々と祭り』(野口鉄郎編 大修館書店 2004)
※『しにか』1997年1月特集「道教の神々 その由来と信仰」をもとに加筆等を行った資料。
p120-123「竈神」。p121で引用されていた【資料1】を確認しました。なお、p123の北宋時代の文献の引用には「合家(いえじゅう)の替代(はんが)と銭紙を焼き」という表現が見られます。

・【資料1】の「千張」を「中国語ピンイン変換ツール」( https://www.jcinfo.net/ja/tools/pinyin )でピンイン表示し、【資料2】を確認しました。

・googe booksで「千張 元宝」と検索し、【資料1】のp155の情報を得ました。
 このほか、コトバンクで「千張」と検索すると、「紙銭」の項( https://kotobank.jp/word/%E7%B4%99%E9%8A%AD-73554 )に「元旦の儀礼として、叩頭(こうとう)の礼のあと焚銭粮(フェンチエンリャン)といって、黄色の紙に銭形を押した黄銭、馬蹄銀の形につくった元宝、千張紙(冥紙と同類)などを焚く。」と記載がありました。当館所蔵『日本大百科全書 10 さえ‐しつ』(小学館 1986)p800「紙銭(しせん)」にも同様の記述がありました。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
道教  (166)
年中行事.祭礼  (386)
中国語  (820)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『燕京歳時記 北京年中行事記』(敦崇著 平凡社 1967)
【資料2】『中国語大辞典 下 M-ZUO』(大東文化大学中国語大辞典編纂室編 角川書店 1994)
キーワード
(Keywords)
竈神
道教
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000248586解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!