このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000064772
提供館
(Library)
さいたま市立中央図書館 (2210012)管理番号
(Control number)
さいたま-大-20100008
事例作成日
(Creation date)
2010年03月17日登録日時
(Registration date)
2010年03月17日 18時25分更新日時
(Last update)
2010年12月24日 12時55分
質問
(Question)
江戸時代から氷川神社は有名な行楽地で、大変な賑わいであったというが、そのことがわかる資料はあるか。
回答
(Answer)
氷川神社は、さいたま市大宮区にある神社です。
【資料1】には、「氷川神社への参道の入り口には「武蔵国一宮」と刻まれた大きな石板があり、木造では日本最大の一の鳥居をくぐって社殿までは十八町(1962m)の参道が続く。江戸初期にはこの参道が中山道で社殿前から左折、迂回していた。寛永5年(1628)、幕府は、世の中が平和になり旅するひとも増えると、大宮を南北に通じてまっすぐな道につくりかえた。」とあり、
【資料2】には、「この一の鳥居から土手町までの新しく作った道を大宮宿とした。(氷川)神社を中心として繁栄してきた大宮宿は、天保14年(1843)ごろ、宿内の人口は1000人を超え、本陣1軒、脇本陣9軒、旅籠屋も大1件、中5件、小19件と多く、中山道随一の賑やかな宿場であった。」とあります。
これらの記述から、当時の氷川神社、及び大宮宿の繁栄ぶりがうかがえます。
また、天保7年に上梓された絵入り地誌『江戸名所図会』にも、「大宮氷川神社」との記載があります。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
道教  (166 9版)
交通史.事情  (682 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『中山道紀行 カメラリポート』 NHK6局「中山道」制作グループ編集 郷土出版社 1990.2
 (p20~23)
【資料2】『近郊散策江戸名所図会を歩く』 川田寿著 東京堂出版 1997.7 (p208~211)
キーワード
(Keywords)
さいたま市大宮区
氷川神社
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000064772解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決