このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000210468
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2016-103
事例作成日
(Creation date)
2015年09月01日登録日時
(Registration date)
2017年02月23日 14時03分更新日時
(Last update)
2017年06月02日 13時14分
質問
(Question)
「弁天様」「弁財天」の意味が知りたい。
回答
(Answer)
「弁天様」とは弁才天の略称であり、弁才天は「湖を有する、優美なものの意」で、その本源はインドの河神であるとの記述が確認できた。
関連する記述のあった以下の資料を紹介した。

『日本の神仏の辞典』(大島建彦〔ほか〕編 大修館書店 2001)
 p1142「弁才天・弁財天」
「(前略)湖を有する、優美なものの意。弁天と略称し、俗に弁財天とも書く。(後略)」との記述あり。

『日本の神様読み解き事典』(川口謙二編著 柏書房 1999)
 p463「弁才天」
 「弁才天(弁財天)は仏神の一つで、(中略)大弁才天・大弁才天女などども称えられる。略して弁天・弁天様ともいい、俗に弁才天という名称でも親しまれている。(中略)その本源はインドの河神で、これはインド神話の河川を神格化したもので、一説にはインダス川の神格化ともいわれている。のちに仏教にも取り入れられ、吉祥天と同一視されるようになった。(後略)」との記述あり。
回答プロセス
(Answering process)
所蔵の参考資料を確認した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
宗教史.事情  (162 9版)
神衹・神道史  (172 9版)
参考資料
(Reference materials)
『日本の神仏の辞典』(大島建彦〔ほか〕編 大修館書店 2001), ISBN 4-469-01268-8
『日本の神様読み解き事典』(川口謙二編著 柏書房 1999), ISBN 4-7601-1824-1
キーワード
(Keywords)
弁財天
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
宗教
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000210468解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!