このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000139303
提供館
(Library)
近畿大学中央図書館 (3310037)管理番号
(Control number)
20131021-13
事例作成日
(Creation date)
2013年10月21日登録日時
(Registration date)
2013年10月21日 22時12分更新日時
(Last update)
2013年10月22日 12時38分
質問
(Question)
顧炎武について知りたい。
回答
(Answer)
顧炎武(こえんぶ) Yahoo!百科事典[日本大百科全書(小学館)]
http://100.yahoo.co.jp/detail/%E9%A1%A7%E7%82%8E%E6%AD%A6/ (2013/10/21確認)
(1613―1682)
中国、清(しん)代初期の思想家、学者。幼名は絳(こう)。明(みん)朝滅亡後改名し、名を炎武、字(あざな)を寧人(ねいじん)、号を亭林とした。江蘇(こうそ)省崑山(こんざん)県の人。・・・

顧炎武 【こえんぶ】 コトバンク
世界大百科事典 第2版
こえんぶ【顧炎武 Gù Yán wǔ】 1613‐82
中国,明末・清初の学者。名は絳(こう),字は忠清。明の滅亡後,名を炎武,字を寧人に改めた。号は亭林。江蘇省崑山の人。清朝考証学の開祖として知られるが,あくまでも明の遺民として生きぬき,異民族王朝の清には終生仕えなかった。帰有光の曾孫帰荘とともに復社に加わっていたが,32歳のとき明が滅び,南京に擁立された小朝廷のため蘇州に従軍する。翌1645年(順治2),清軍は南京に入城し崑山も落城して,養母の王氏は,二姓に仕えるなと遺言して死ぬ。

デジタル大辞泉
こ‐えんぶ 【顧炎武】
[1613~1682]中国、明末・清初の思想家・学者。崑山(こんざん)(江蘇省)の人。字(あざな)は寧人。号、亭林。その学問は経世を目的とし、歴史・地理・制度史・経学・音韻訓詁(くんこ)など多方面にわたり、清朝考証学の祖とされる。著「日知録」「天下郡国利病書」「音学五書」など。

大辞林 第三版
こえんぶ【顧炎武】
(1613~1682) 中国,明末・清初の三大儒の一。字(あざな)は寧人。号は亭林。実証と経世致用を重視する学風をおこし,清朝考証学隆盛の端緒を開いた。著「日知録」「天下郡国利病書」「音学五書」など。

中国文化史大事典 / 尾崎雄二郎, 竺沙雅章, 戸川芳郎編集代表 東京 : 大修館書店 , 2013 ISBN:97844690128
p.384 こえんぶ 【顧炎武】

中国学芸大事典 近藤春雄著 大修館書店 1978 ISBN:4469032018
p.218 こえんぶ 【顧炎武】

顧炎武 / 井上進著 東京 : 白帝社 , 1994 (中国歴史人物選 ; 第10巻) 4891742275
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
中世思想.近代思想  (125 9版)
中国  (222 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
顧炎武 こえんぶ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000139303解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!