このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000139298
提供館
(Library)
近畿大学中央図書館 (3310037)管理番号
(Control number)
20131021-8
事例作成日
(Creation date)
2013年10月21日登録日時
(Registration date)
2013年10月21日 21時15分更新日時
(Last update)
2013年10月22日 18時10分
質問
(Question)
『明儒学案』について知りたい。
回答
(Answer)
明儒学案(みんじゅがくあん) Yahoo!百科事典[日本大百科全書(小学館)]
http://100.yahoo.co.jp/detail/%E6%98%8E%E5%84%92%E5%AD%A6%E6%A1%88/ (2013/10/21確認)
中国、清(しん)代初期の思想家黄宗羲(こうそうぎ)の主著。1676年に完成した明(みん)代の儒学史。62巻。明代儒学は陳献章(ちんけんしょう)が端を開き、王守仁(しゅじん)(陽明)に至って大いに明らかになったとし、陽明学正統派から東林学派を経て自らの師劉(りゆう)宗周に至る学術の流れに中心を置きながら、それぞれの思想傾向ごとにグループ別にして学案をたて、事績と学説内容を記載している。・・・

明儒学案 【みんじゅがくあん】 コトバンク
世界大百科事典 第2版
みんじゅがくあん【明儒学案 Míng rú xué àn】
中国,明末・清初の思想家,黄宗羲の著した明代哲学史。1676年(康熙15)ごろ稿成る。62巻。王守仁(陽明)およびその門下を中心にすえて構成。その前史として呉与弼(康斎)―陳献章(白沙)の系統から説き起こし,父の黄尊素を含む〈東林学案〉,恩師劉宗周の〈蕺山(しゆうざん)学案〉でしめくくる。王門の中では江右王門を正統とし,いわゆる王学左派の泰州学派には王門の呼称を与えず,李贄(りし)を載せない点に黄宗羲の史観があらわれている。

中国文化史大事典 / 尾崎雄二郎, 竺沙雅章, 戸川芳郎編集代表 東京 : 大修館書店 , 2013 ISBN:97844690128
p.1155 みんじゅがくあん 【明儒学案】

中国学芸大事典 近藤春雄著 大修館書店 1978 ISBN:4469032018
p.744  みんじゅがくあん 【明儒学案】

中国史籍解題辞典 / 神田信夫, 山根幸夫編 燎原書店 1989 ISBN:4897480817
p.320 みんじゅがくあん 明儒学案
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
中世思想.近代思想  (125 9版)
中国  (222 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
明儒学案 みんじゅがくあん
黄宗羲 こうそうぎ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000139298解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!