このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000139261
提供館
(Library)
近畿大学中央図書館 (3310037)管理番号
(Control number)
20131020-2
事例作成日
(Creation date)
2013年10月20日登録日時
(Registration date)
2013年10月20日 23時15分更新日時
(Last update)
2013年10月22日 12時44分
質問
(Question)
陳白沙について知りたい。
回答
(Answer)
陳献章(ちんけんしょう) Yahoo!百科事典[日本大百科全書(小学館)]
http://100.yahoo.co.jp/detail/%E9%99%B3%E7%8C%AE%E7%AB%A0/ (2013/10/20確認)
(1428―1500)
中国、明(みん)代中期の思想家。字(あざな)は公甫(こうほ)、号は石斎、白沙(はくさ)先生とも称される。追諡(ついし)は文恭。広東(カントン)省新会県白沙里の人。・・・
人間の心が本来具有している能力を信頼し、心のあり方に人間の主体性の確立を求める学問を心学とよぶが、王陽明とともに心学の先駆をなした。著に『白沙子全集』がある。

陳献章 【ちんけんしょう】 コトバンク
世界大百科事典 第2版
ちんけんしょう【陳献章 Chén Xiàn zhāng】 1428‐1500
中国,明代前期の思想家。字は公甫,号は石斎,白沙子,石翁など。陳白沙と称せられることが多い。広東新会の人。のちに江門に居住した。呉与弼(ごよひつ)の門に朱子学を学んだが,その理の哲学のあまりの厳しさゆえに離脱して,理の拘束から自由な〈自然〉性に人間の本来性を求めて明代新思潮の先駆者となった。晩年に湛甘泉などの秀れた門人を得たが,陳献章の思想を発展させたのはむしろ王陽明とその門流であった。著書に《白沙子全集》がある。

中国文化史大事典 / 尾崎雄二郎, 竺沙雅章, 戸川芳郎編集代表 東京 : 大修館書店 , 2013 ISBN:97844690128
p.868 ちんけんしょう 【陳献章】

中国学芸大事典 近藤春雄著 大修館書店 1978 ISBN:4469032018
p.555 ちんけんしょう 【陳献章】
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
中世思想.近代思想  (125 9版)
中国  (222 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
陳白沙 ちんはくさ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000139261解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!