このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000253302
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2018-123
事例作成日
(Creation date)
2019年02月19日登録日時
(Registration date)
2019年03月20日 09時23分更新日時
(Last update)
2019年06月12日 13時55分
質問
(Question)
浅野内匠頭が山鹿素行の元で学んでいた学問の概要が知りたい。
回答
(Answer)
下記の資料を提供した。

『日本思想史事典』(東京堂出版 2013)
 p308-309「山鹿素行」「兵学者・儒学者」
 「古学としての素行独自の学問(素行学)(後略)」
 「素行は、人の本性は利己的なものであり、人は社会生活においてみずからを実現していくために必要な認識能力を有しており、それにより事物のみちすじや働きを把握することが「格物」であるとした。」とあり。

『日本思想史辞典』(山川出版社 2009)
 p324「古学」
 「江戸時代の日本独自の儒教の一傾向をいう。」
 「江戸時代においては、伊物といって(中略)の学統が朱子学を否定し、聖人の原意を回復させようとした傾向さす」
 「きわめて政治的な学風で「大学」を経書全体の基本とし、自然的・必然的な天道と聖人の教えである人道を区分し、個人道徳と統治行為を分離した。」とあり。

『国史大事典 14』(国史大辞典編集委員会編 吉川弘文館 1993)
 p116-117「山鹿素行」
回答プロセス
(Answering process)
1 参考図書で〈山鹿素行〉〈古学〉を調査する。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本思想  (121 9版)
参考資料
(Reference materials)
『日本思想史事典』(東京堂出版 2013), ISBN 4-490-10796-X
『日本思想史辞典』(山川出版社 2009), ISBN 4-634-62210-6
『国史大事典 14』(国史大辞典編集委員会編 吉川弘文館 1993), ISBN 4-642-00514-5
キーワード
(Keywords)
山鹿素行(ヤマガ ソコウ)
浅野 長矩(アサノ ナガノリ)
古学
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000253302解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!