このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000237257
提供館
(Library)
堺市立中央図書館 (2210017)管理番号
(Control number)
堺-2018-006
事例作成日
(Creation date)
2012年10月26日登録日時
(Registration date)
2018年06月16日 14時21分更新日時
(Last update)
2018年08月30日 15時53分
質問
(Question)
新井白石が詠んだ漢詩「禅楽寺(ゼンガクジ)八境」の禅楽寺は堺にあった寺らしいが、何か参考になる資料はないか?
回答
(Answer)
『堺市史 第7巻(資料編)』および『堺史料類纂〔六〕宗教六寺院四』を提供。(南図書館)
回答プロセス
(Answering process)
『堺市史 第8巻(索引)』には徳泉庵はあるが、禅楽寺の項目は見当たらない。『堺市史 第7巻(資料編)』の徳泉庵の項を見ると、禅楽寺は明治41年に徳泉庵(現在の住所:堺区南旅篭町東3丁1-8)に合併されたとある。
『堺史料類纂』の索引に『堺史料類纂〔六〕宗教六寺院四』に「寺院各論」に禅楽寺の項目があり、見てみると新井白石による漢詩が載っている。正しくは「和泉国界禅楽寺八境」で、「北邑萬戸」「南郊千山」「西堆松翠」「東擁竹林」「遠林凝靄」「曠野鋪青」
「澄江引練」「流水皷琴」八つの五言絶句に詠んでいる。
また『新井白石全集 第5巻』を所蔵(旧分類)しており、p.130を見ると「和泉国界禅楽寺八境」が載っていた。脚注がついており、「南郊千山」は葛城山等のことで、「曠野鋪青」の「昔日皇陵地」は仁徳・反正陵のこととあり、堺の禅楽寺と判断できる。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本思想  (121 8版)
近畿地方  (216 8版)
参考資料
(Reference materials)
堺史料類纂 6 〔堺史編纂委員会〕編 〔堺史編纂委員会〕
新井 白石 [著] , 市島 謙吉 編輯校訂 , 新井 白石 , 市島 謙吉. 新井白石全集 第五. 1906.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I060930489-00
堺市役所 編纂 , 堺市役所. 堺市史 : 別編 第7巻. 堺市役所, 1930.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I060751310-00
キーワード
(Keywords)
新井, 白石, 1657-1725
禅楽寺
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000237257解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!